« 音はすれども姿は、ドクター・ヘリの飛来か? | トップページ | 母はデイサービスでしたが、 »

おじやは食べる母でした

おじやは食べる母でした

昨日は昼過ぎてもなかなか目が開かないほど母の反応が薄過ぎて姉に寄ってみてと連絡したら具合悪くなったかと心配させることになった。

起こしたはいいけれど私一人でなかなか口を開かない母に癇癪を起こしかねないところでチョコッと様子見かねて手助けが欲しいといった覚悟のない話し。

起こして一時間くらいするとなんとか目も口も開き始めた。

水分補給にゼリーとか吸いのみでとろみ水とか流し込むが、やっと開いた口に雑炊を運んだらこれは口が大きく開いた。

今日も同じ。

朝イチで仕事の業務点検があったので関連の用事を済ませて昼過ぎて母を起こした。

車椅子に乗せても目は開かない。

代わりに口開けて寝ていたからブラシ使って口腔ケア。

自分ではうがいをするということもなくなった。

多少反応するから水分補給にアイソトニック・ゼリーを流し込んだ。

少しシャキッとしてきたようで、「鶏ごぼうおじや」を口に。

おじやも米、これは食べる。

さすがに160g全量とはいかないで六分目くらい。

ほぼ一時間くらいかかっているから、疲れてしまって口からこぼれた。

これで少しか栄養補給になるだろうか。

足や仙骨部の褥瘡が深くなっているし、あちこち赤くなって来ている。

ベッドにいる時間が長くなってマットを変えないとマズイのかな。

.





にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« 音はすれども姿は、ドクター・ヘリの飛来か? | トップページ | 母はデイサービスでしたが、 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/62257137

この記事へのトラックバック一覧です: おじやは食べる母でした:

« 音はすれども姿は、ドクター・ヘリの飛来か? | トップページ | 母はデイサービスでしたが、 »