« 帰って来ました | トップページ | 徘徊から家に »

薄いスープカレーが染みたみたいに

薄いスープカレーが染みたみたいに

天井を見るように寝ていた母だったから私の朝ご飯を優先してから起こしに行ったら、ゆるゆるをお尻に拡げていた。

上向いて寝ていたからオシッコでさらにとろとろ度を増して下着の股が薄いスープカレーを染ませたようになっていた。

昨日は帰ってすぐ寝てしまったので、朝ご飯を食べさせようとしたら、途中で疲れたのかおちょぼ口で舌先チョロチョロするだけで、そのうち入れ歯の上がはずれて落ちてくる。

朝の薬をヨーグルトでたべさせようとするけど、スプーンが唇に触れると口をつぐんでしまってスプーンの先が少し入るだけ。

ショートステイでも横を向いて食べたり飲んだりしなくて水分補給に注射器のオバケみたいなので流し込んだがそれも一口でそっぽ向かれたと連絡ノートには書かれていないが口頭で伝えられた。




.





にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« 帰って来ました | トップページ | 徘徊から家に »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/60364234

この記事へのトラックバック一覧です: 薄いスープカレーが染みたみたいに:

« 帰って来ました | トップページ | 徘徊から家に »