« DSから帰った母はベッドで「咲ちゃ~ん」と亡くなった妹の名を呼んで | トップページ | 美味しい、生まれて初めて食べた »

足下ろした方が楽なのか

足下ろした方が楽なのか

今朝の定点観測
+10.9℃
いつものGSの温度計、午前6時30分



昨日は母がデイサービスに行っている間に窓を開けて寝室の掃除。

実のところ、雨漏りで畳もぶよぶよになっている位の部屋だから夜中にわめき声で戸を閉めようものなら湿気臭さを通り越してカビ臭さに感じる程でそんなところに寝ていたのでは病気になってしまうやろ!と内心思っていたので、いよいよ思い切って窓全開の掃除とあいなった。

とは言え、絨毯上げるわけでもなくそこらの紙パンツやらパッドの予備を避けながら掃除機を丁寧にかけた程度だが、窓ガラスの拭き掃除が大変だった。
内窓の格子桟に溜まった埃が湿気り黒カビの巣になっておった。
拭けど拭けど白木の素肌は現れない。


疲れはてて、夜は早々に寝ることに。

「どうすればいいのですか?」と叫ぶ母にはベッドに腰掛け毛布にくるまっていてもらった。

戸を閉めても今までよりは多少乾燥しているだろう。


私が気づいたら丑三つ時だった。

毛布も膝掛けも落としサイドガードにもたれて母は眠っていた。

横に寝かせた母は2時間後、「起きれない〜」と声を上げた。

今度はヒーターを掛けてタイマーセットで腰掛けさせてたが、30分で「シッコしたい」だ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« DSから帰った母はベッドで「咲ちゃ~ん」と亡くなった妹の名を呼んで | トップページ | 美味しい、生まれて初めて食べた »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/56079929

この記事へのトラックバック一覧です: 足下ろした方が楽なのか:

« DSから帰った母はベッドで「咲ちゃ~ん」と亡くなった妹の名を呼んで | トップページ | 美味しい、生まれて初めて食べた »