« 母はディサービスに | トップページ | 昼は起きててくれ »

真っ暗な中ベッドに腰掛けていた

真っ暗な中ベッドに腰掛けていた


今朝の定点観測

 −15.2℃

いつものGSの温度計、午前7時頃。


オカンがお昼のおにぎり調達に寄ったコンビニで瓦礫の山のようになっていた氷。



オカンのアッシーして15分で戻ったら、母が真っ暗な中、ベッドに腰掛けていた。

枕はカバーもとれてあっちの方向に、ベッド脇のポータブル・トイレも動いている。

普通に腰掛けているが、どんなことして起き上がったのか。



ただ起きたいという。


昨夜は明け方までは2時間ペースのシッコだった。
5時6時は30分ペースで、私は眠たいのだ。

昼の喧騒の中では寝ているということは、静かだと不安になるのか。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« 母はディサービスに | トップページ | 昼は起きててくれ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/49664790

この記事へのトラックバック一覧です: 真っ暗な中ベッドに腰掛けていた:

« 母はディサービスに | トップページ | 昼は起きててくれ »