« 母の手首をひねった | トップページ | お誘いにハメを外して »

久坂部羊「破裂」読了

読みかけだった久坂部羊の「破裂」を読み終えた。

「廃用身」の次の作品だったから「神の手」より先に読み始めていたけれど途中で止まっていたのは、医療過誤のレポートや手術の失敗で父は死んだと裁判を起こしたとかの展開とは兎も角、厚労省のマキャベリがプロジェクト天寿を語り始めたあたりだった。

「日本の超高齢社会はなぜ発生したかおわかりですか。医療が無軌道に進歩したからですよ。医者には病気を治して命をのばすという単純な発想しかなかった。その結果、高齢者が増えすぎて、介護危機、年金破綻、老人の医療費問題、世代間のいがみ合いなどを生み出したのです。医療は進歩さえすればいいというあさはかな発想、唾棄すべき長寿礼賛の結果です。このまま老人が増えれば、日本は国を維持できなくなります。なのに医者どもは今も漫然と寿命をのばしつづけている」と。

「寝たきりの老人が起き上がり、人生の最後にもう一度したいことをして、ポックリとあの世へ逝く」プロジェクト天寿をすすめようと画策する。

あまりにも生々しくて読み切れなかった。

小説としては心臓破裂という解決策はポシャったが、次作「神の手」でケルビムという薬になった。

現実、どうできるでしょう。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« 母の手首をひねった | トップページ | お誘いにハメを外して »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/46882021

この記事へのトラックバック一覧です: 久坂部羊「破裂」読了:

« 母の手首をひねった | トップページ | お誘いにハメを外して »