« 母がショートスティから戻った | トップページ | 国内最大ハイギョ死ぬ »

強制節電の道

昨夜、テレビのリモコンが利かなくなった。

リモコンからの操作を受け付けなったのだ。

私に実害はないが、オカンがリモコンでちょこちょこチャンネルを変えているのがいうことをきかない。
次に見たいところに移動できないと言って来た。

取説の「故障かなと思ったら」にリモコンの電池の交換が書いてある。

もろもろやってみたが、やっと音量の調節だけできた。

後は夜が明けて販売店に電話してだと思っていたら、視聴予約が生きていてチャンネルが移動していた。

朝になって販売店に電話をした。

メーカーのサービス対応になりそうといいながら、それでは3連休明けてからになるし、「主電源落としてコンセント抜いて5分程置いてみてください」と。

だが、内蔵HDDが動いているインジケータの色だ。

何を予約録画中かもわからない。

色が変わったところでコンセントを抜く。

しばらく放っといた。

ちゃんと言うこと利くようになった。

PCでいつもやっていることでした。

いまやオカンのテレビの方が一日の稼動時間が長い。



これは強制的に電源落としなさいと言うことですなぁ〜〜。



/







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« 母がショートスティから戻った | トップページ | 国内最大ハイギョ死ぬ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/46323633

この記事へのトラックバック一覧です: 強制節電の道:

« 母がショートスティから戻った | トップページ | 国内最大ハイギョ死ぬ »