« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

さらさらの雪が

さらさらの雪が
.

予報通りのさらさらの雪が降っていた。

ありきたりの風景。

今年も過ぎて行く。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひび割れを補修したのに

ひび割れを補修したのに
.

アスファルトのひび割れを補修したはずなのに、もう動いている。

圧がかかっていないから凍れ上がったら、こんなものでは済まないか。









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「長い長い遠足」を見ている

「長い長い遠足」を NHKで放送した。

北見北斗高校の強行遠足だが、44年前にも放送されたことがあった。

71kmもなんで走らないとならんのだと思うとやってられなかった。

親父さんが待ってるぞと同級生に言われて帰って来た記憶はあるがよく完走したものだ。









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MedicageStage1を終わったけど

WeightControlプログラムMedicageのStage1の一週間が終わって、都合2,250gのマイナスとなった。

Stage2に入るのに、一昨日は昼ご飯が遅くなって余計目になり昨日はオレンジ色の白菜鍋を食べ過ぎ、晩ご飯の置き換えを放棄。

なんと、この2日で950gも貯金を減らしてしまった。

かつての若い頃の減量と違って、覚悟が足りない。

薬が切れるので毎月の定期検診に出掛けた。

大体があまり酷く言わない先生だけれど、朝食後2時間の血糖値98、HbA1c 5.5や一カ月の体重グラフ、血圧グラフを見て、「このまま行ければ薬を一つ減らせるか」と。









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝4時から荷物配達来るかい



今度は、朝の4時に「荷物配達に来たから、玄関に行って見て」だ。

自分はパンツを半分下げてトイレに座ろうとしている。

ペーパーが千切ってある。
さっきアラームのセットを忘れてしまったのだ。

気付かなかったということは、シッコしてそのまま寝ているわけで、玄関行くと部屋を出ようとしている時もあり、私には理解不能なことだ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠ってしまって申し訳ない

午前1時に起きた母が、また30分で起き出して「眠ってしまって申し訳ない」と言う。

来月のケアプランを持って来たケアマネさんが、「尿意を感じて起きると言うより、眠りが浅く起きるからシッコに立つと言うことでないか」と言っていたが、トイレに座ってややしてから「シッコ出て来た」と言う時は起き上がることが先かも知れない。

深い眠りに入れず頻繁に起きられたのでは、周りが堪らない。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタさんが来た

サンタさんが来た
.

今日、サンタさんが来ました。

姪っ子が、おばあちゃんにと送ってくれました。

ありがとう。

メロディとライトがつくのですが、上のサンタさんが光りません。

せっかくなのに、ちょっと残念です。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは人間の勝手だわ

先日のお手柄犬ジュニア君の表彰式がテレビで中継されている。

表彰台にちゃんと座らせて表彰状を読み聞かせようとしているが、それは人間の勝手だわ。

あっち向いて座ったところで、町長さんがマイク持って回り込んだ。

白戸家のお父さんのようにはいかないべさ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠近直のメガネにした

遠近直のメガネにした
.

最近、遠近では近間が見えなくなって来た。

新聞読むのもノート見るのもメガネが邪魔になって手に持っている。

昔、レンズを跳ね上げている爺さんがいたのを思い出した。

あちこち探した。

これで遠近に直近の3っの距離を見れるだろう。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何がなんだかわからない

母がベッドでもそもそしている。

どうしたのと声をかける。

目をつぶったまま「起きる時間なんでしょ?」と母。

灯りを消して、「目を開けて周り見てご覧。真っ暗でしょう。シッコかい」と聞いたら、「起きたら出るだろうけど、何がなんだかわからない」と母。

起こして、シッコさせる。

30分もしないで、またアラーム。

「何がなんだかわからない」とベッドに座っている。

寄って行けば、「起きなさいと、起こされた」と応える母だ。

後ろからオカンがずっとそうだと言う。

シッコしたいとむずむずするのかとポータブルトイレに座らせる。

なんか気張ってる。

「ウンコ出た」と、コロンと1個あった。

明け方、便意を言って起きた気はしないが、これだったのだろうか。

始末して来て、これ作文して30分位だが、何か声がする。

アラームが鳴った。

「シッコしたくて」




摂取量を超えてるんでないの???







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風が冷たい

風が冷たい
.

母のディサービスの送り出しは寒かった。

お昼を過ぎた今でも朝張っていた氷が溶けずにある。


北海道の西半分は、雪で真っ白です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただ今、ダイエット中なのだ

オカンが DVDを土産に帰って来た。

今日の夕食の置き換えは終わったのに DVDで食事シーンだ。

こんな時は、ちょっと厳しい!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもの夜だった

昨日は、母のいつもの夜だった。
違うのは、また30分かと続いてもその後空きがあった。

暖房なくて寒かったか。

20:15 さあ、寝ましょうとロゼレム服用。
20:30 シッコ
23:10 シッコ
23:50 シッコ
24:10 シッコしたい気がする。無し。
02:10 シッコ
02:40 シッコ
03:50 シッコ
04:20 シッコ
05:50 シッコ
06:15 シッコ
06:30 誰か帰って来た。無し。
07:10 やはり、シッコ
07:50 誰か起こした。すぐに横になる。
07:55 誰か窓叩いた。やはり、シッコ

ショートスティに行く前にベッドから降りて転んだので、ベッドのサイドガードを1本介助バーに換えてみた。

ショートで疲れているのか、トイレをしてから立ち上げるのに足の踏ん張りが効かない。

介助バーの握りが順手だったり逆手だったり怪しいけれど、つかまることができて、パンツを上げる私の手が解放された。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショートスティから戻ると

15時30分、母がショートスティから帰って来た。

ご苦労さんでしたねだが、途端に大声を出してしまった。

なかなか波長が合いません。

仏間の襖は閉じていたが、安楽椅子に座り替えた母は仏壇の方向に、「仏さんのお供え買って来るの忘れた」と。

スポーツ飲料を飲み干した母がもそもそ始めた。
「仏さん、お参りしてお供え降ろしていただこうかと」、おはぎを四割りして出した。

一欠け食べて、「冷蔵庫の中見てないけど、魚でも焼こうか」と夕食の心配だ。

こわいからとベッドに横になって1時間、アラームが鳴った。

「お父さん帰って来たから、鍵開けに行かんけならん」と、私に言う。

さあ、いつもの生活が始まる。

今回のお泊まりは夜間結構起きていたようだ。
16日 19:00 トイレ
     20:00 トイレ
     22:30 センサーコールあり。ポータブルトイレ
17日 01:05 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     02:00 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     05:00 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     06:00 トイレ
     19:00 トイレ
     22:20 センサーコールあり。ポータブルトイレ
18日 00:45 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     01:15 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     02:55 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     03:45 センサーコールあり。ポータブルトイレ
     06:00 センサーコールあり。ポータブルトイレ








にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日間で3食を置き換えて

三日間で夕食3食をWeightControl Stage1に置き換えた。

それはビミョウな数字、450g切った。

2月の終わりにグラフ用紙の目盛りをスケールアウトしてから4月以降目盛りをかすっても割ることがなかったのに、昨日は200g、今日450gとラインを割って下向きだ。

がんばれ、メタボ!


ホッ









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早く寝ればいいのに

昨夜は、母はショートスティでオカンもいないし、夕食はオカンが置き土産に発注して行った置き換えステージ1に挑戦でツマミ喰いは無しよで、これは寝るしかない状態で早くに寝床をセットした。

しかし、CSテレビをつけてメールの振り分けなんぞを始めたら、目は字幕を見なければならないし作業ははかどらずドラマは面白いで、就寝はいつも通り、アラームが鳴らないので連続睡眠を確保。

ユメ6ポイント獲得に視聴予約で、イチオシ!モーニングが始まった。








にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ白だ〜

真っ白だ〜
.

目覚めたらカーテン越しの外が明るい。

夜中、雪が積もっていた。

今日から母はショート・スティだ。

オカンがいないから、ゆっくり寝かせてくれ〜。

昨夜、夕食の後、母を一人にして後片付けしていたら、もそもそと動く気配でシッコに。

「少しでも体動かさないと」と言いながら安楽椅子から車椅子に移乗するだけでハァハァ言っているが、シッコしたいと思った時にはこわさを忘れている。

口の始末もしないでシッコの後ベッドに横になってしまった。

朝までバタン・キューというわけにはならず、1時間半位でシッコに起きた。

明け方シッコに起きた時には、母は「こんなにシッコに起きるなんて、珍しい」と宣った。

オイオイ、毎夜30分でシッコと起きる人の言葉かい!







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が降って来た

ふわふわの綿ぼこりのような雪がふわりふわりと降って来た。

こんな軽いふわふわだから地面に届いても、すぐに解けてしまう。

でも、やっぱり寒いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見ている前で転倒

アラームにベッドにかけつけた。

見ている前で、母が転倒だ。

母は、ベッドから降り立つとその場ですぐにパンツを下げて脇のポータブルトイレに向かおうとするが、その歩みを進める間なく擬関節の左肩から地面にタックルするかのように倒れた。
左手を体の下にして起き上がろうともがいて見えるが、左手を抜き出すようには動けない。

円背で丸まる姿は、抱え起こそうにも手をかけるところがない。

やっと抱え上げても、左肩の痛みを訴えるわけでもない。

倒れたショックでモモヒキを濡らしていたが、トイレに座ってもしっかり出た。

寒くて起きる回数が減っているのか、眠って漏れているのに気付かないのか、起きる間隔があいている。

それでも、「起こされた」とシッコして「どこ行くの、起きるんでしょう」と歩み出そうとする。

まだ夜中だ!
しっかり目を開けて、周りを見てみろ、と言ったら照りをつけているから明るかった。









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこに帰ると言うのだろう

日が短くなって来てディサービスの帰りの道筋を変えて早くにウチに廻ってくれているようだ。

「あちこち廻ると不安になるようです」と、ディサービスの社長さんが送って来てくれた。

車の中でも母に声かけしてくれていた。

今、オカンが自身のメンテナンスでいないものだから、私が目の前にいないと母は一人であれこれ考えてしまう。
「お母さんがいないから、私どうやって帰ったらいいのだろう」と不安になったらしい。

何度言っても、ここが自分の家でどこにも行くことないというのが飛んでしまう。

優しく話してということができない。

どんな受け答えがストレスないのだろう。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換して

週間天気予報によると明後日から、曇り時々雪とある。
その後は、また雪からは解放されるようだが、タイヤ交換をしてしまった。

遠出するわけではないけれど、なんかあったら困るもんねェ。










にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソバ名人が届けてくれた

ソバ名人が届けてくれた
.

いとこがソバを打ったと届けてくれた。

ごちそうさまです。

ちょうど母はご飯を食べているところだった。

常食でいつも感心されるが、顔がよく見えず誰かわからなかったが、説明すると長姉の名前を言って元気かいと聞いていた。

亡くなった伯母さんの話しで、いとこも一拍返事が遅れたが皆死んで私だけと自分であっけらかんに言うから、名前が出るだけしっかりしてるねとなった。

5分前のこと忘れても自分の兄弟姉妹の名前がすらすら出てくる記憶の凄さに感心してしまう。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっち向いてたらテレビは見れん

母が、テレビの反対向いて「何やっているか、さっぱり分からん」と言う。

私だって、テレビは見ていなかったら何をやっているかは分かりません。

どこまでがボケだかわからないので、ツッコミようもない。

、、、、







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝動買い

衝動買い


テレビのカルチャー番組で使っているのを見かけて衝動買いしてしまった。

いろんな楽器に使うようだ。

だからと言って、私のチューニングにも使える訳でもないんだろうに。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボア効果は一回だけ

昨夜の母は、前夜よく寝たせいか夕食の後もなかなか横にならなかった。

横になってもすぐに起きた。

「入れ歯を置き放しにして、流したから心配したら困る」と入れ歯、入れ歯と何度も起きたし、「晩ご飯の仕度しなけならん」と30分置きに起きるのは変わらなかった。

今日のディサービスではどう過ごして来るだろうか。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボアの丹前を着せたら

昨日、母のシーツ交換してタオルケットもボアの丹前にした。

夜中のシッコは3回しかなかった。

タオルケットでは寒かったんだ。

おかげで、寝過ぎた私の腰が痛い。

オカンは、いつ起きたか知らないと言う。

いいことだ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこにいると思っているのだろう

日付が変わったら、すごいことになった。

21:00 シッコ。
21:40 シッコ。
22:10 シッコ。
23:20 シッコ。
24:10 「シッコして寝るの忘れたからシッコする」、とシッコ。
24:50 起き出したから見に行くと、「歳いくつになったのか、わからない」、シッコさせて聞いてみたら「自分の名前も忘れた」と。
02:00 「晩のおかず作ろうと思ったのに、寝てしまった。こんなことでは姑さんと暮らせない」と言って、シッコ。
02:40 「晩ご飯食べていない」。スポーツ飲料120cc。「どこか行った気がする。ここが自分の家かい」
03:40 シッコ。
04:15 「どうして誰も来ないの」、みんな寝ているでしょうと言われて、シッコ。ベッドに上がって「遠藤さん、どうしたろう?」と。
04:45 シッコ。
05:30 シッコ。
06:15 シッコ。「私、何の罪でここに入れられたのだろう。ここから出るなと言われた」と。
06:30 起き出す母にりんごジュース150cc。
07:05 シッコ。
07:30 気がついて見ると母がベッドに腰掛けている。シッコしていた。半ケツ状態で「そっち行こうと思って」と言う。

今日はディサービスの日だ。

どんなになって帰って来るだろうか。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

服持って来てくれた人がいるのに

夜明けの母は、30分置きが10分置きの起き出しになってしまったので車椅子でストーブの前にいてもらって私らは寝かせてもらうことにした。

気配で起きないと事故になったらとリスキーだけれど、アラーム鳴ってもたつくのだったらと小一時間、近間にいてもらった。

シッコを訴えたからベッドに寝かせて、寝ているから今度は私がトイレに行った。

多少時間がたっているかとは思いつつ一人寝かせていたら、戻っみると床にへばっていた。

「服持って来てくれたのに、鍵開けに行かれなかった」と玄関へ行くつもりが部屋の戸口でヘタリこんでしまったようで立ち上がれずにいた。

やっと持ち上げてベッドに座らせたら、「シッコしたい」だ。

誰か来たとかは夢でシッコしたいのだと言っても、毎度の話しで全く納得しない。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔からドッタン

朝4時30分。

1時間置きのアラームに寝ぼけ眼で母の部屋に行ったら、顔から突っ伏す母がいた。

パンツをズリ下げた母をポータブルトイレに座らせ、用を足させてベッドに。

顔の右側をぶつけたようで、右の小鼻は内出血して赤くなっている。

目ヤニであかない両目に目薬を差したら右目の目薬が赤くなった。

どこか切ったのか。

それにしても顔の右を下に倒れている母を抱えて起こした私の立ち位置が変なのだけれど、いつも目撃証言はいい加減な記憶だ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでここにいるんだかわからん

明け方、母の声がやけに近くに聞こえた。

「起こしたんでしょう」とよろけながら部屋を出ようと歩いて来ていた。

ベッドに戻そうとしたらパンツが上がっていないように見えた。

パンツに手を掛けたら濡れている。
下げきらずにパンツのゴム部分にかけてしまって、これでパンツとモモヒキの交換だと思ったら、まだ冷たい。
シャツの背中がびっしょりだ。
大方、シャツに吸わせたみたいだ。

オカンがアラームのリセットを忘れていたのだ。

オカンの話しだと、夜中の母はシッコの後、「洗濯機を回しに行かんけならん」、「義理を果たしに行ってこなけならん」と毎度忙しかったそうだが、私は全部気付かず明け方まで寝ていた。

ここからは母の夜明けだ。

30分置きが10分置きになりシッコさせても「なんでここにいるんだかわからん」、「どこにいるんだかわからん」、「なんであそこに人が寝ているの」、「何したらいいんだかわからん」と今までにない頻度だ。

日替わりで聞いていた言い方をいっぺんに聞いているみたいだ。

寝ていられないならとストーブの前に連れて来た。

それでもじっとしていられない。

「されるがままにしているけど、何がなんだかわからない」と母。

だから、寝ててちょうだいと言っているの、と起きる時間になって来た〜〜〜〜〜。

ハァ〜〜〜。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はディサービスの日

今日は母のディサービスの日で、3日は父の月命日でお寺さんが来る日だ。

玄関先のスロープはセットしたが、迎えの車が来るのはまだだと思っていたら、バタンと車のドアを閉める音がした。

お勤めが終わって、お寺さんを玄関まで送ったらセットしてあったスロープは固定してあるのか聞かれた。

ディサービスの準備と重なったのは初めてだったろうか。

お寺さんの車が出たらディサービスの迎えの車が来た。

ちょっと気ぜわしい朝になった。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張サービスから戻ったら

姉が PDF出力できなくなったというので、ソフトの再インストールに出掛けた。
アンインストールしてもエラーで失敗。

理由がわからなくて、帰ったら4時間近くもなっていた。

母がまだ起きていて、オカンが息子が帰って来たよと母に教えたら、「息子だって言うから、それは聞いたけど、あんた誰だって」と晩ご飯食べてからず〜っと目の前に座っていたオカンに聞いている。

私は母に大事なお嫁さん忘れたらダメだよと言っていたら、オカンは自分が産んだ息子を息子だって言うからなんて言ったら泣いちゃうよと言っていた。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も、あと2か月に

11月になった。

今年も、あと2か月だ。

だから、どうだって、と言うことでもないんだが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »