« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

どうせ起きるんならと

どうせ1時間置きに起きるのなら、と一昨日は母の部屋に灯りが行かない仏間で本を読んでいた。

積読の一角がなくなるかと思ったら、ついつい大沢在昌を買ってしまって新しい山が増えてしまった。

帯の「新宿に棲む猟犬が、中国政府に牙を剥く!」に反応して黒の狩人上/下を手にしていた。

朝までで上を少し残してしまった。

昨夜も続きを手にしたが、さすが2晩は続かず眠ってしまい、母のシッコ・チェックもいい加減になった。

「ご先祖様、助けられました」と暗い中、手を合わせるが、目をあけて「あぁ、やっと見えた。誰だかわからない」では言ってもらわない方がいい。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでこんな馬鹿みたいになった

「私、いつからここにいるんだろう」

自分の家だから、ここで暮らしているんだよ。

・・・・・・

「私、どこから来たんだろう」

だから、ここが自分の家なの。

・・・・・・

「私、何処に帰らんけならんの」

どこにも行かなくていいの。

・・・・・・

「あんた、私の息子だと言わんかったかい」

「なんでこんな馬鹿みたいになったんだろう」

茶の間で母が食べたり飲んだり少し落ち着いてこっち向いて話しかけて来るのかなと思ったら、こんな言葉が出てくる。

お話しするより、食べる物持って来たり飲み物出したりしていないと相手できない。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も暑くなりそう

今日は、母のディサービスの日。

迎えの車に乗せる時、今日も暑くなりそうですね、と。

今日の母は昨日早くベッドに横になったせいか左のまぶたに水がたまってお岩さん状態だ。
ただむくんでいるだけでなくて白っぽい。

「今日行って何するの」と言いながら待っていたが、車が来たら少しシャキッとしたか。


私も用事あるので、行ってらっしゃい!







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこに誰かいるみたいだから

昼は暑かった。

あまりの暑さで昼からシャワーした。

母は私が洗濯物を仕分けしている間に茶の間の椅子からベッドまで自分で歩いて行っていた。
「あんた何処に行ったかわからなかったから」と。

寝てるんだったら大丈夫だろうとシャワーしていたら、一人シッコした気配があった。

アラームでベッドまで行ったら、「誰かそこにいると思ったけど、誰だかわからない」と自分の息子わからないかいと聞けば、「息子って、わからない」とベッドに掛けている。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンツ脱ぎ捨ててある

2時間眠っていた。

母のベッドの下にパンツが脱ぎ捨ててある。

21時50分のシッコの時にセンサーをオフにして戻すのを忘れて私が寝てしまった。

モモ引きを裏返しに履いている。

結局、シッコに起きたから履き替えさせたが、なんで脱いだのと聞いても、「夜中にシッコした」と言うだけだ。

セットしてあるトイレットペーパーは千切って使っている。

干して再利用か。




灯り点いているからか、30分でまたシッコ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のホームラン!!

小谷野に久々のホームラン。

それ、行け〜!

やっぱり、佑ちゃん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家にいるからだろうか

昨日から朝までの母のシッコ。オカンがいないからチェックしてみた。
20:40、21:05、22:10、22:45、23:30、24:20、01:30、02:30、03:40、04:50、05:30、07:00、08:05終わって離床。

ヘルスレントで同級生の娘がレンタル品の点検と交換に来た。それがあったから早く起こしたんだけど。

茶の間からベッドに移動するのに椅子から車椅子に移乗する都度、「あぁ、こわい。いつからこんなになったんだろう」と。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同級生からワンコールあったが

昨日19時過ぎに同級生のケータイからワンコールの着信があった。

ファイターズの試合展開で朝掛けてみようと、今朝は母のディサービスとかで遅くなってしまった。

地元の情報紙を見てびっくりだ。

ワンコールの同級生の死亡広告だ。

今日は昼に隣町に走ったところだった。

先週、同期の友人の奥さんが亡くなって葬儀に行かれなかったから今日仕事場に顔を出して来たばかりだ。
面倒見のいい友人が、灯台もと暗しと言っていた。
口惜しい想いが伝わる。

なくしたものの大きさをまだ味わうほどに時間がたっていないだろう。










にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯している間に

今日のディサービスではいつも午前中のお風呂を何度も拒否、午後に排便があってそのままお風呂に入ったと連絡ノートにあった。

さすがお疲れかと帰って来てから一息ついて起きているかと思ったらベッドに入った。

回していた洗濯機が止まったので干して戻って来たら母がソファに掛けていた。

オカンが朝のバスでオカンのオカンのところに行った。

帰って来てオカンがいないのを見て母が「お母さんいないのだったら、私来て悪かったね」と言う。

自分の家に帰って来るんだからと言うと、「私どこにいたの」「どこから来たんだろう」と母。

「何か変だ。生活変わったみたいで変な感じだ。お母さんいないからだろうか」と言う母だ。

古い電気蓄音機や柱時計も仏壇ですら母の生活感を思い起こさせることはないようだ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくりで骨折もあるから、と

今日は母のディサービス。
4っ日も連続スケジュールになるが元気そうでそのまま出掛けてもらった。

昨日は帰って来てそのままベッドだったが、夜は相変わらず1時間に1回のシッコだった。

そして、「いいから、あっち行って休んでください」でパンツが下がり切らずパンツとももひきを濡らした。

ディサービスの迎えの車でアセモアスプレーを持たせたことを話したら、先日スプレーした時ずいぶん冷たそうに体をビクッとさせたけれど年寄りはそれで肋骨を骨折することがあったりするのでベビーパウダーとかいいかも知れませんねと言うことだった。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆっくり寝ていられて後が忙しい

母のショートスティでゆっくり寝ていられた。

寝坊したわけでないのに、先送りしていた仕事で意外と手間取り忙しいことになってしまった。

定刻に帰って来たが、母は「もう着いたの」と聞いていた。
家にあがって確信がないからか「馬鹿みたいだ、バカになった」と言う。

昨夜どうだったのか担当さんに伺うとシッコの時間はチェックしてくれていた。
18:45に催した、22:00にセンサー、23:00にセンサー、1:00の巡回の時に起きようとしていたのでさせた、1:50にセンサー、2:00はセンサー、4:00にセンサーと対応してくれたよう。

やはり10分で起きているが他の時間帯ではなかったのだろうか。

明日は明日で用事があるから、頼んます。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったりと

母は2回目のショートステーに行った。

私は徘徊の疲れもあってダラダラしていた。

オカンも今日はゆっくりしている。

ファイターズらしい試合を見せてもらえると、気持ちいい休みになるのだけれど、病み上がりの勝が万全でない。









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディサービスの日

今日は母のディサービスの日。

オカンの病院行きのアッシーでついでに私も薬もらって来た。









にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラーム・オフのまま

介護ネタしか書いていない。

3時まではセンサーの受信機の手元スイッチで時には10分置きの母のシッコに付き合っていたが、そのうち手元スイッチをオンにし忘れ眠ってしまった。

気配で母のベッドの方を見ればポータブルトイレに座っているか、ベッドに半ケツ状態で掛けているかだ。

薄明かりの部屋だが、もう陽も高くなっているから母の「何かしなくっちゃ」センサーは働いているのだろう。
「私どうしたらいいんだろう」の疑問符が飛びかっているようだ。

365日24時間「何したらいいの」に応えてられない。

昨夜はトイレットペーパーを千切って使うのをとがめられたと「ここは私が来るところでなかった。どこに行けばいいんだろう。」と言い出した。

他所から来たんでない、ここは自分の家なんだよ。
40年も50年も暮らしている部屋だよと言っても、「わからん」。

「初めて来たから、何していいのかわからない」と堂々巡りだ。

部屋の温度も上がってくる時間帯になって来た。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝ておくれ

昨夜は夕食終わってベッドに入るなり計ったように30分でシッコ。
夜半には「仏さんに参ってから寝ようと思って」と起きる理由を言っているがインターバルは同じ。
朝まで同じペースが続いて、明け方は20分だったとオカンが言っている。

横になってもすぐにシッコに起きるんならとテレビを見ていたと。

私は全くわからない。

陽が射し温度が上がって来た頃、オカンがおやすみだ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訪問看護の日

今日は訪問看護の日で、また新しい看護師が来た。

円背の母のお腹がただれ昨日のディサービスでアセモアをスプレーして来ているが今日も清拭をしてもらった。

茶の間にいたが、ベッドに移動してお腹を洗うといえば平らになって自分でお腹をめくっていた。

看護師さん曰く、「今日は受け答えもクリアで、だんだん元気になる」と。

看護師さんが帰る時には、「送って行きませんけど」と車椅子から玄関まで見送らないわびを言っている。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディサービスから帰って来て

ディサービスからワゴン車で帰って来た母は後ろ向きで車椅子で玄関前に降りたが階段にかかっているスロープを見て、「あぁ、家に帰って来たんだ」とほっとしていた。

わかって入って来た家の中だったが、茶の間の椅子に座ってキョロキョロして5分ほどして「あぁ、仏間だ」と言いながら「今日は何か変だ」と言う。
「何か変だから、寝る」とベッドに移動する。

晩御飯に起きると「子ども達、何時に帰って来るの」と聞く。子どもはいないんだと言うと、「ベッドの横の狭いところに寝ていた子が帰って来るんでないの」と時々ベッドの陰に人が寝ていると言う。

ご飯を食べて落ち着いたかと思ったら、今度は「泊まったら網走に帰るのかい」と何故か網走が出てくる。

どうしてと聞いても、「わからない。バカみたいだ」と返ってくるだけだ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母のディサービスの日

今日は母のディサービスの日で、迎えの時に昨日の話しをした。

迎えに来てくれたディサービスの代表さんは先日お母さんを亡くされたが、「お父さん、ずいぶん若い服着ているのねと父親になってしまいました」と話しされていた。

皆さんそれぞれの様子だ。

今朝は、いつもは後から手渡ししている着替えのバッグを持たせて車椅子で迎えの車に乗せた。
バッグを横に置きましようと言われていたから聞いてみたら、「いつも車に乗るとバッグの中を確認しているんです」と不安そうにしているのを教わった。

自分のバッグだと言っているとは聞いていたけれどしょっちゅう確認しているのは知らなかった。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3時間たつと忘れちゃったかい

今日は地方に晩御飯が終わってからの訪問。

母の面倒を姉に頼んで出掛けた。

来た時には、母は姉の名を呼んで「来たのかい」と話しをしていた。

私が3時間ほどで戻って遅くなったからお帰り願ったのだが、帰る話しになったら「あんた誰だった」と姉に聞いていた。

今まで母娘の話しをしていただろうに、がっかりして帰ることになった。

何かの拍子に線路が切り変わって今までが飛んでしまう感じだろうか。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関、開いているかい

母の夜間起き出しは相変わらずだった。
オカンがいないからさすがに明け方は起きられずアラームで行ってみたらもうベッドに戻っていた。

アラームのセットを忘れてバッタン眠ってしまったら、近くで気配がした。

母が部屋の出口まで来て、「玄関、開いているかい?」と。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センサーマットをよけようと

母がベッドから足を降ろすとセンサーが知らせてくれる。

それで、どうした〜と隣の部屋から見に行くのだけれど、今朝は「来ないでくれ〜」とセンサーマットを足で折ってアラームが鳴らないようにしようとしていた。
折るから圧がかかってなお音がするんだけれど。

母にはできる記憶しかないから一々飛んで来なくていいとアラームが鳴らないようにそ〜っと足を降ろしてみたりなんとか音のしないようにと努力している。

なんとかならない、この善意のすれ違い。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もディサービス

お盆休みもなしで今日もディサービスに。

一番大降りかという時にディサービスから帰って来たが同じ時間にケアマネさんが来月のプランを持って来た。

訪問の看護師は毎週のことで母は覚えているが、同じ会社から来ているケアマネは月一では覚えていなかった。

ケアマネさんが帰って一眠りした母が、「ご飯支度しないと」と起き出し来た。
オカンが「私しなくてよくなって、よかった」と言ったら母がいきなり真剣な顔で「しない」と言い放った。

わかってるよと言っても重ねて「しない」と言った。

スポーツ飲料でも飲みなと出したのだが、「しょっぱい、こんな塩っぱいの飲んでるの」と言いだした。
いつも水分補給に 400cc位でも飲んで、それでもあればまだ飲んでしまうほどだったから他の飲み物を探さないとならない。








にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰だかわからん

母が昼寝して寝起きベッドに座っている位ならと車椅子で茶の間へ。

雨模様で多少薄暗いということがあるけれど、私の顔をじっと見て「誰だかわからん」と。

先ほど姉夫婦がお墓参りの帰りに寄ってくれた。
その時は遠いと顔が見えないからと誰かわからないと近くに座った時にはすぐにわかって「久しぶり」とか言っていた。

24時間一緒だと忘れるかい!?






にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆だから ?

気配で母の方を見た。
アラームのセット忘れだ。

タオルケットを引き寄せ膝に掛けベッドに座っている。

「私の部屋に法事の袋あるから、ナマモノなら傷むから見て」と言う。

街に行って帰ってきて、玄関横の四畳半に袋あったけど自分のでないから開けないで茶の間通って来た。水飲みたいからベッドに掛けているのだと言うのだ。

シッコさせて寝かせて10分もするとアラームが、「おかずの一つも炊こうかと思って」と。

また、アラームだ。
「そっち行って外見ようかと思って」と。

いずれも「ただ寝てばかりいて、バチ当たるね」が付く。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この椅子なら姿勢がいい

この椅子なら姿勢がいい
.

母が車椅子で食事を始めた。
身体が傾くのでパッキンしたり肘を上げてみたりするが、どんどん顔も傾く。

肘無しの食椅子に掛けさせてみた。

姿勢がいい。

もたれるところがないからだが、傾く気配もない。

ずっと座っているにはお尻が痛くなるようだ。

つかまるところがないから立ち上がり車椅子への移乗がちょっと大変だ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証拠写真!

証拠写真!
.

霊標の文字のタッチアップと縁石の起こしをして来た。

文字のタッチアップには家にあった細い筆を持って行ったが、彫り込みの深さになかなか上手く行かない。
はみだしと塗りムラでさもさもの仕事。

縁石が隣に倒れ込んでいたのは、とりあえず掘り起こして立てて来た。

基礎モルタルもないまま砂利をはさんで見てくれだけ繕っている。

私の体重をかけたら壊れそうで圧をかけるのを止めてきた。

当家の墓参りの時には、特にご注意下さい。











にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起きてそこへ行って何したらいい

シッコ終わってパンツ上げたら「おッ母さん、ありがとうございます」「ご先祖さま、ありがとうございます」と手を合わせてなかなか横にならない母に、お好きなようにと私はソファベッドに戻った。

CPAPを再装着してエアーが送られて来たかと思ったら母はもうポータブルトイレに掛けてパンツを上げようとしている。

CPAPは装着してもすぐに送風が始まるわけではないからそれなりの時間がたっているのではある。

朝5時でまだ寝かせてよの時間だが、母は「起きてそっち行って何したらいいの」と起きるつもりのようだ。

今日はディサービスの日。

早起きして出掛ける支度だ。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこの男の人どこに行ったの

暑くて母の視線から外れて隣の座敷に寝そべった。

テーブルをはさんで座るオカンに母が「そこの男の人どこに行ったの」と聞く。
オカンが、男の人でないしょ息子でしょ後ろにいるよと言っても車椅子の母は振り返ることなく、「あぁ、そうかい」。
「お父さんの兄弟は」と、またわからない話しになる。

「明日、どこに行かんけならんの」

「今晩、ここに泊まってもいいの」

話しをすると、話しのラリー3ッ目くらいであれっとなって確かめると「わからない」と噛み合わない。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お墓の掃除

お墓の掃除に行って来た。

草が結構伸びていた。

霊園管理費は納めているけど、それぞれの敷地の中までは無理か。

今日は墓標の文字の色を足してこようと水性アクリル塗料を持って行ったが、道具がいい加減でタッチアップにならなかった。

明日は出掛けられないし、お盆までの仕事になるのだべか。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからどうしたらいいんだろう

母がポータブルトイレに座って「これからどうしたらいいんだろう」と聞く。

立ち上がってパンツ上げるのと言うと「あぁそうかい」と身繕いしてベッドに横になった。

今回は先にシッコしてさほど間がないからアラームが鳴る前に気配で見に行ったものだから、母はベッドに掛けたまま「シッコしたいけど、ここでするのかい」とポータブルトイレを指して確認してきた。

訪問の看護師さんが「シッコをわかるのだから」と言っていたが、チビりはしても失禁はしていないから大したものだろうか。

確かに何すればいいんだろうと哲学しはじめると寝てばかりもいられないか!!







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりぬく意欲

首相が週刊誌に「いずれ去る日が来るその時まで、言うことは言い、やるべきことはやりぬく」と述べたそうだ。

ご本人は辞めるとは言っていないと宣うので周りはいい加減嫌になっているだろうが、外国からもこんな形では声をかけられないのではないか。

これが民間企業の社長の話しなら倒産という厳正な終焉を迎えるであろうに。

;






にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機が上空を旋回

飛行機が上空を旋回
.

上空を飛行機が旋回している。

2機連なって目の前を通り過ぎた。

ずいぶんくっついて見えた。

先日は十勝の航空大学校の訓練機が訓練中に事故ったが、1機はどこに行った?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっちで仕事している人何処から来たの

オカンが夕食の支度に流しでコトコトしていると、「あっちで仕事している人、何処から来たの」と聞く母。

お昼からず〜っと一緒なのだけれど見えないところに人の気配では誰だかわからなくなってしまった。

テーブルの前に座っている私の方を、ジ〜ッと見ている。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「疾駆する夢」佐々木譲

積読いた佐々木譲著「疾駆する夢」上・下(小学館文庫)を読み始めた。

朝までかかって半分読み切れなかった。

お、お

バケツをひっくり返したような雨だ!

カミナリが鳴りやまない。

BS、CS放送が受信レベル0とぶっとんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖〜い話し

8月になってテレビは暑中見舞番組づくりだろうか。

東海テレビの岩手県産米に対する不適切テロップは情報番組の担当者が「ふざけ心で作製した仮のテロップを操作ミスで放送した」というが、仮のテロップだから何でもいいと浮かんでくる言葉に対する感性がミステリー番組より怖い。

ミヤネ屋で電波少年ドロンズの南北アメリカ大陸縦断の時に発砲されるシーンが当時放送されずにあったが後からディレクターに「弾がかすっていればおいしかったのに」と言われたと大島が明かしていた。
こんな感性でつくられている番組をおもしろがって見ている怖さがある。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝ていられない

只今、午前5時50分。

4時半からアラームは鳴り放し状態。

遮光カーテン越しにも夏の陽射しの強さが伝わるから寝ていられない母がベッドに腰かけている。

アラームが鳴れば、シッコかとトイレを使わせ寝かせていたが、それも寝ていられず寝かせては起き上がるの繰り返しになって来た。
私の見ている前で、ベッドのサイドガードをしっかり掴みよろけそうになりながらベッドを半周してカーテンを開けた。

自分の好きにさせてと言うけど、このシチュエーションで何度転んで来たことか。

見守りのつもりが私の方は眠ってしまって母はアラーム・オフでシッコして半ケツ状態で横になっていた。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやや、あやや

長いシーズンで連敗はありますよ、と言いつつも5敗となると、う〜〜ん。

糸井は、大丈夫かい?

負のなんとか。

突破口は、鵜久森を使い続けることか。










にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな美味しいのをありがとう

こんな美味しいのをありがとう
.

バッチ子が義母の作ったスイカを届けてくれた。

母が「もったいない」と食べている。

本当にサクサクと甘いスイカだ。

ごちそうさまです。

あぁ、美味しい。

。。。。
。。。
。。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬にぼっかけられてる〜

夜中に母の「うあ〜〜、あ〜〜」と大きな声で起こされた。

「馬にぼっかけられてる夢見た」と。

シッコではないからと起き上がらない。

やはり、すぐにアラームが鳴った。







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイよ!玄関にお客さんだ

玄関にお客さんだと返事をして起き上がる母。

2時前はオカンが起きてくれていたので2回くらいか。
それからは30分間隔でシッコだ。

5時半、「誰か起こした」と起きてシッコ。
10分したら「ハイよ」と声出しながら起き上がり「玄関にお客さんだ」と。
誰も来ていないよに不承無性横になる。
20分したらシッコ。

今度は「起きてるよ」、起きてるか聞かれたからその返事らしいが起き出してシッコ。

もう少ししたらディサービス行く準備でちゃんと起こしてあげますから、もうちょっとだけ寝させて!







にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »