« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

朝、何すればいいのかわからない

目覚めたのにベッドにいる母に、目が覚めたのなら起きてと言ったら、「起きて何すればいいんだかわからん」と。
今朝も誰か来た、ピンポン鳴ったとこちらが寝ていると奥から起き出して来るのに、普通に朝起きてという生活リズムはどこかへ行ってしまった。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアマネさんが退職します、と

ケアマネージャーさんが来月のケアプランを持って来た。
来宅予定を15分位遅れていた。
来月のケアプランを確認して、「ご迷惑をお掛けしますが3月で退職することになりました。」と今日の本題に入った。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶妙なタイミングで起きてくる

朝4時40分、後5分で目覚ましにセットした時間だ。
母が「誰か来た」と起き出して来た。

今、7時40分、母がうがいして入れ歯装着。今日はディサービスの日で早めに始動で余裕。
と思いきや、その予定を伝えた途端、母は「こわいから休んで」と布団に入ってしまった。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の訪問点滴 152 回目

今日は訪問点滴の日だと言うのに7時に母が起き出して来た。
ひどく腫れぼったい顔をしている。
一時間あったらご飯食べさせて仏さん参らせてシッコしてと思いは巡ったが、こわいこわいと言うし段取りを考えると間に合わないかなとエンシュアを飲ませていたら、もう口をつぐんで流しへ向かおうとしている。
さっき口の中きれいにしたべさ、それ位でつかえるのかいと思いつつ流し台で吐くのを見守った。

ぁあ、もう看護師長が来ると思いつつ寝かせつけたら、朝の血圧の薬飲ませるのを忘れていた。

薬飲ませてシッコして、血管温め用にタオルをアッツクして足元の暖房のスイッチ入れてたら、ピンポンと看護師長が来た。

むくんだ姿におシッコ出てますか?塩っぱいもの食べましたか?と。

1時間経過200mL位で「誰か来た」と起き上がろうと腕を動かした。

ぁあ〜、腫れて来た〜!

PS.
30分ほど待って別の看護師さんが来て腕を替えて挿し直して行った。
今度は順調に落ちていると思っていたら、15分で動いてしまった。

ぁあ〜、またまた、腫れて来た~~!

今日は、300mLで終わり !!!!!

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母はディサービスで元気だった

母は「ディサービスで今日も元気でしたよ」と帰って来た。
「去年通い始めた頃から見るとずいぶん食も良くなりましたね」と言うことだ。
戻りの階段で一歩目はすんなり出たが二歩目がなかなか出ない。
「自分がしたい時には痛いとか言わないですが、お風呂に入りますよとか、トイレ行きますよとか言うと、「あ痛、イタタタ」と言います」と送ってくれたスタッフさん。

それにしても家では食後の吐き戻しがひどくなって来ているように感じる。
以前から食べたものが食道に詰まって飲み込んだままの形で吐いていたが、つかえの時間が長くなっている。
後片付けにはいると流し台にやって来るので、今日は30分ネットを眺めていた。

洗いも終わって一休みと思ったら、寝たはずが身支度を始めた。
30分たって晩ご飯食べたのを忘れたかと慌てたが今晩は自分の食事ではなくて「あんた食べてないでしょう。支度しなくっちゃ」と起き出して来たのだ。
さっき一緒に食べて、後片付けして洗って置いてあるでしょう、と言っても「ああ、そうかい」と他人事だ。

あや、書いている先からまた食事の用意しなくっちゃと起き出して来た。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ目覚ましも鳴ってないんだわ

またまた母が「誰か来た。玄関開けないとならん」と起き出して来た。
オカンの制止にしぶしぶベッドに戻った。
布団の乱れを直しに行った私に、「私だけに聞こえるんだろうか」と聞く母。

病気なんだと思おうとしても、つい邪険な言葉を返している。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オカンのアッシーで帰ってみれば

あやや、オカンのアッシーして戻ったら、台所で母がご飯食べている。

昼はこわいとベッドにいてお昼ご飯が遅くなり、晩ご飯もオセオセでギリギリに食べさせて出掛けたのに。
入れ歯の洗浄をしてベッドに送り込む余裕なく出掛けたのだが、30分で食べた記憶が飛んでしまって、晩ご飯を食べなくてはとなったようだ。
これまでも食べたことを忘れたことはあるがだいたいは台所でゴソゴソやりはじめた当たりで気がつき実食には至らなかった。
聞けば「お腹がすいた訳ではない。晩ご飯食べていないと思ったからだ」から、「まだ食べたい」に変わって行った。

あらためて入れ歯の洗浄をしたら、「ごちそうさん」ですと!!!



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粉雪でもくるぶしまで積もった

昨夜から粉雪が静かに降っていたけれど、それでもくるぶしが埋まるくらいになっていた。
今日は母のディサービスの日だ。
玄関前の階段と迎えの車の分くらいはねておこうと雪カキを持ったが、結局車庫前をはねはじめたら、道路も気になると間口分道路もはねてしまった。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は大寒

.
あったかい大寒で、母の部屋の結露で凍れついた窓をやっと開放できた。
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

151回目の点滴は

今日は母の 151回目の訪問点滴の日。

順調に行っているなと見ていたら、トットットと液が落ちはじめた。
布団をめくったら注射している腕が見当たらない。
曲げた腕でコネクタが抜けている。

今日はシャツに吸わせて 350mLで終了。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぁ、眠たい!

今日は母のディサービスの日だ。
それを知ってか知らずか夜は激しかった。
オカンが大雪で高速道も通行止めという中で帰って来た。
ここにいてはニュースを見なくては大雪で通行止めもわからなかったが。
だいぶ遅くなるのだろうと高をくっていたら定刻より30分遅れくらいで着いてしまった。
溜まった洗濯物を主婦してもらって、洗い上がりをアイロンしたりしていたらいい時間になった。

しかし、母にしたらいつもと違う時間に灯かりがついていたり話し声がしたりと自分も起きなくてはならないとの思いに「これから寝るんだよ」と言われながら起き出して来た。
そうしてベッドに入っても0時30分、1時30分、3時30分、5時30分と起こされたからとわざわざ身支度して起き出して来た。
7時過ぎに起き出して来た時には、もう起きてもいいかと覚悟する時間になってしまった。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、誰かに起こされたか

ベッドの方から母の「ぁあ」だか「お〜」だかの声が聞こえて来る。
夢見なのか、日中から寝ていてのせん妄なのか、こんな時は起き上がりが素早い。
隣の部屋で気配を感じて「誰も起こしていないからね。起こす時には側に寄って声かけるんだから」と声を出しても、こちらが起き上がるより先にベッドから足を降ろし立ち上がろうとしている。

誰かに起こされたと言うが理屈で言えば「ホント、ばかになった」と言い出すし、これで眠ってしまうとリセットがかかる。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷え込んでいます

同級生のご機嫌伺いがこの時間になりました。
あとはおぼろ。
せめて母が、ひっくり返ってうめいていませんように。

今日は思わぬ人と会ってしまった。

次は、ぜひに正気な出会いを。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポジティブ発言を

元日本ハムヘッドコーチ白井さんがブログで「どのように言葉を使うのかで、心の持ち方が変わり、イメージが変わり、そして結果まで変わってくる」とメンタルトレーニングを伝授している。
先に逃げを打って予防線を張るのは、控えめではなくいい訳で、ネガティブな言葉を使えば使うほどイメージが悪くなり、成功の可能性をどんどん狭めてしまうと。
いやな予感やネガティブな発言をする時にはそのまま締めくくるのではなく、その後に意識的にポジティブ言葉を使うことだ、と。

今朝から大きな声を出してばかりだ。
本人の方がよほど辛いだろうに。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人で寝る時には、お登紀さんを思い出す

一人で寝る時にはよう〜、お登紀さんの歌を思い出した。

流氷がますます南下しているのだろうけれど、膝ッ小僧がス〜ス〜する。

おまけに毎度のことながら、母がタンスの抽出から下着をぶちまけていた。
ズボン下が脱いである。
パジャマ直ばきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母はディサービスに

今日は母がちょっと早く動き出してくれたので私の方は余裕でご飯食べさせたりその後片付けして、表の足元をきれいにと雪はねしていたら、あやや迎えの車が来てしまった。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな降り方でも積もるんだろう

こんな降り方でも積もるんだろう
.
.
朝からこんな写メにもならないような雪の降り方でも夜には結構降ったと思うほどに積もるんだろうなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とにかく、こわくて

今日は母の 150回目の訪問点滴の日だ。
事前に血圧を測れば今まで見たことないような数値。
アダラートLは昨日で切れてしまったが、私のアダラートCRを飲まそうとするが「起きれば起きれるかも知れないけど、ただ こわくて」と、しばし起き上がりを拒否。

もう、看護師長が来るという時間にやっとオシッコに起き上がる。
ついでに薬を飲ませてとしていたら、ピンポン〜と。
パンツ上げないことにはどうにもならない。

玄関に看護師長を待たせて母をベッドに寝かせる

看護師長が、「寒いと言うより今日はシバレている」と言いながら蒸しタオルの要求だ。

ホントに今日は凍れている。まだ肉眼で確認できるわけではないがオホーツク海に流氷が南下して来ているのが確認されたとラジオで言っていた。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は母のディサービスの日

迎えに来たディサービスのスタッフさんが、朝から具合悪かったですか?と。
いつもと違う人が来ているということでもあるけれど、「こわい、こわい」と靴をはくのに手を貸せば体を預けてスタッフさんが動けなくなったり玄関前の階段に一歩踏み出せないとか動きがいつもと違うようだ。
昨夜も23時過ぎからもそもそ起き出し冷蔵庫を開け好物のサイダーを飲んだり、流しで唾を吐いたりと、私は全部は知らないが30分ほどで繰り返していたらしい。オカンが夜なんだから台所の灯りを消してと叫んでいたらしい。
3時前には私が起きて行った覚えはある。
本人に聞いても知らないと言うばかりだが、疲れると思うよ。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰か来たみたいで

神棚のお供えして振り向いたら玄関ホールに母が立って玄関ドアへ手を出そうとしている。
「部屋に誰もいないし、誰か来たようだから」、と。
オカンのアッシーして戻って居間の戸を開けたら「誰か来たみたいだったから」と靴下持ってカーテン開けて外を伺っていた。
まだ朝5時だ。
用事のあるお客さんなら、また来るからと言っても納得したわけではない。
「申し訳ない。面倒かける」という言葉を言うが、ネガティブな感情が蓄積することはないのだろうか?

私は、もうひと寝します。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起き母さん

今日はオカンが休みで惰眠をむさぼっている。
こんな時、母のベッド脇の徘徊アラームが反応している。
朝5時だ。
シッコに起きたには長い。
ポータブルトイレの始末しに行って、母に今日は休みだから寝かせてと言えば、身支度した母はベッドに腰掛け「どこへも行かないでお念仏唱えてるだけ」と。
窓のカーテンも開いている。
も少し寝かせてくれ!

あぁ、まただ。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディサービスは吹雪で早終い

今日の当地は、気象予報通りとはいかなかった。
もしかして午前中雪から一日中雪に変わったかな。
一時間近く早いけど「ちょっと吹雪いてきたので早く帰って来ました」と帰って来た。
もう少ししたら玄関前の雪はねしようというところだった。
それどころか、私は出るに出られぬところにいた。

実は私、今日ディサービスに送り出してから便意を覚えトイレへ行ったものの詰まった状態で未だにすっきりしない便秘状態。
こんなの初めて。

便秘がちな母に、トイレへ行ってもこんなに辛いだねと声をかけた。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっと、お正月

やっと、お正月
.
.
今日はオカンがいます。
なので、母にやっとお正月が来ました。
ここまでは、めでたし、めでたし。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年最初の訪問点滴なんですが

今日が週一の訪問点滴の始まり。
新年早々失敗したくないなぁと看護師長さんが言って帰られましたが、予見していたのでしょうか。
落ちが遅くなって来て、止まった。漏れている。
クリニックへ電話。
待つこと30分、看護師さんが来た。
針を抜いて見るとずいぶん腫れている。

腕を代えて再開。
この腕ではやったことがなかったが、うまくいってちょうだい!




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月最初のディサービス

今日は母の正月最初のディサービスの日だ。
迎えのスタッフさんの新年の挨拶が「おもち食べましたか?」だった。
暮れに「おもちを食べないと正月来たように思わない」と話していたそうだ。
わが家ではまだ「もち」料理はしていないから母には正月が来ていないのだ。
そういえば元旦に今日はお正月元旦だからと言った時に「お雑煮はないの?」と聞いてきた。

5分したら朝ご飯食べたのを忘れているのに、こういう長年の習慣は忘れないものだ。

しかし、私がシェフではチンしたものしか食べられないのだ!




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風がついていた

冬場はオカンのアッシーに外の様子が気になる。
風の音がするので荒れる予報通りかと覚悟して外へ出たが、雪の量はそれほどでもなかった。
はねてみるが湿っているのか、少し重たい。

除雪車に車庫前とか置いて行かれたら嫌なので家の前から車庫までの通路を開けたら道路の雪をはねた。
結局、隣の半分くらいから間口分一車線はねてしまった。
風があるからまた積もるのだけれど、こうなると軽い雪はねが趣味としか言いようがない。

作文していると隣の部屋から母のあくびだか、ため息だか分からない大息が聞こえて来る。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとう

あけましておめでとう
.
.
.
荒れる予報も当地は、穏やかな新年を迎えました。

変化の年にも、心穏やかに暮らしたいものです。

新年早々、母は誰か起こしたと起き出し身支度してベッドに腰掛けている。
隣の部屋から大声を張り上げる年明けとなってしまった。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »