« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

今年も、あと一日。

あと一日で今年も終わる。


新しい暦にかわるだけでなくて、どう動くだろうか。


とりあえず、一夜飾りになってしまった御供えを飾って新年の準備をしよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

年内最後の訪問点滴

クリニックは今日が仕事納めで、年明けは4日から通常営業で5日火曜日に来ますと。
母には「一年間頑張ったね」と声かけしてくれるが、「よく聞こえない。」と聞き直している。



少し早めに落としていたが、シッコには勝てず 400mlでギブ・アップ。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車庫前でも玄関前でも

夜半に屋根の雪が落ちる音がしていたから考え及ばなかったわけでもないが、除雪車が入っていた。
昨日の雪は湿って重たかったが、道路脇に残して行った雪はまだそれほどガチガチ重くもなく助かった。
オカンのアッシーとしては、まず車庫前を開け、玄関ドアから車までの通路を確保しなければならない。

おまけに今日は年内最後の訪問点滴の日だ。
看護師長の車が停まれるように雪はねして置かねばならない。

さあ、もうひと汗かいてこようか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後のディサービス

今日は母の今年最後のディサービスでした。

「今日は絶好調でした。大正11年生まれの利用者さんがおいくつですかと聞いてましたよ」と送ってくれたスタッフさんのお言葉ですが、母は部屋に戻ると「ハァ、もう外出なんかしたくない」と。

ディサービスではどんだけ頑張っているのだろう。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありゃりゃ、寝てしまったかい

今日は母のディサービスの日。
6時くらいにゴソゴソとするのであと1時間くらいは寝ていてと私も一休み。

8時になるから起きてに「こわくて起きられない」と布団をかぶっている。
いつもながら夜中の起き出しの元気はなんなんですか?

それでも迎えが来るよの呼びかけに、やっと起きて来て朝ご飯を。

ご飯が終わって玄関先の階段の雪を払い足元の雪はねをして戻ってみると母の姿が見えない。
ポータブルトイレに座った母に、1週間も通じがなかったからよかったね、終わったら教えてよと声かけして朝食の片付けを。

迎えが来るのに時間が掛かっているなと思いながら洗い物を終わらせたら、なんと靴下脱いでベッドの中に。
慌てて起こしたら、ピンポン〜と。

やっと車に乗せたら、迎えの社長に「あっちで怒られこっちで怒られた」と言っていた。
なんと言われようと、とにかく行ってちょうだい!!




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひずめを研がなくては

午年生まれだった親父の記憶に硬くなってひび割れたかかとを削っていた姿がある。
オカンも荒れた皮膚をむしり取って赤く痛々しく、午年生まれは似ていると言っていたのだが、私も仲間入りだ。
ここのところ、かかとに違和感があったのだがパックリと割れているのを発見。
慌てて「かかとクリーム」をすりこむが、そう簡単にしっとりしてくるものでもない。
う〜ん、蹄鉄を打たねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親も兄さんもどこへ行ったんだろ

時折、母が実家に行くと言うことがある。
誰もいないし、代替わりしてるところへ行ってどうするの、と言っていたのだが、昨日はその後があった。

「いないんだよねぇ。どこへ行ったんだろうねぇ?」と言うのだ。

。。。。

あの世へ行ったのを忘れてしまったらしい。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そんなに若いのかい?

「あぁ、こわい。私、いくつになったんだろう?」
96だよ。
「そんなになったのかい。あんた、いくつさ?」
60だよ。
「若いねぇ!」

そりゃそうだ。
あんたが産んだんだから。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30分たったら、また起き出して

今晩は晩ご飯食べてベッドに横になってから30分すると起き出して来る。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜んで休ませていただきます

今日はオカンが休みで朝寝したいところ。

母が流しでガサガサとうがいをしている。
綿入れを着て寒くないようにしている。
オカンが休みだからもう少し寝させてと言っても、「よく解らない」と、結局まだ寝ていなさいと怒鳴ってしまう。

どうしたらいいんだか判らんと言う母には指示されたことで安心できるのか「喜んで休ませていただきます」とベッドに戻った。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オカンの休みくらい寝せてくれ

オカンは休み。まして、ここにいないのだ。

母上
2時半のシッコがそれたのはしょうがないにしても、1時間おきの誰か来た、誰か起こしたと起き出してついでにオシッコはしんどいわ。

周りに人がいない時には確認のしょうもないけど、私が見ている限りはベッドの寝起きに「イタタ、痛た」と声が上がる。
聞こえたと思ったら反射的に起きてしまうのだろうか。
日中は静かなものだから、判らない。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

146回目の訪問点滴注射

今朝は 146回目の母の訪問点滴注射の日で、今はベッド脇で看視中。
看護師長がセットして行ったより少しだけ速く落としている。

看護師長の「具合はどうですか」の問いかけに昨日のディサービスでの股関節が音が聞こえる位キシんでいた話しをするが「90年以上働いて来た節々だから油切れもするかな(意訳)」と返って来たかな?

時間かけないようにと速く落としてたが量入ったんだからシッコ我慢できずに 450mlで中止。
針抜いて止血がしっかりできず止血絆創膏も血が滲むのを止められず。

本人はオシッコ終われば、あぁすっきりとベッドに戻った。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母のディサービスでしたが

朝は「こわい、こわい」と言いながらも迎えの車にはそれなりに乗り込んで出掛けた。
そんな母親の歩き方を「今日は、前に体重かかっていませんね」と手を引いてくれたスタッフさんに言われた。

帰って来る頃はしんどかったみたいだ。
階段の昇りには「いたた、イタタ」と悲鳴を上げるような帰り方で、施設でも「お風呂入る時も椅子に座ったり立ったりする時も痛いと言っていました。股関節がキシキシ言うのが聞こえました。」と。

本人は「腰痛い。背中痛い」と言うので場所確認に背中を触っても痛いとは言わない。
ホント、どこがどうなっているのだろう。
皇潤でも飲ませないかんのか??????




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぁあ、イタタ痛た!

母上さま!
日によっても、場面でホントその時その時だからイタタ痛たと声上げられても手伝ってやれないんだわ。

11月 7日から1ト月もたつのに痛いの治らないねぇと言えば、「12月になるのかい」と。

それにしてもホント困ったもんだ!
病院行っても安静にとしか言ってもらえないだろうしなあ~。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大息?ため息?深呼吸?

ため息なのか、深呼吸なのか?
母の大息が聞こえて来る。

大きく吸い込んで、吐く時に「ハァ〜」と付く。
これではため息だ。

ため息は周りを滅入らせる。

昔を思い出させた。
中学生になって私の前にえらい胸の大きな子が座った。
その胸が目に入り顔を上げられなかった。
出るのは、ため息ばかりだった。
うぶだったねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はディサービスだった

今日は母のディサービスの日で、昨日から明日は高栄行ってお風呂だからねと言い聞かせていた。
で、それがインプットされ過ぎて朝6時のオカン出勤の喧騒の中で「自動車がビーって言った。迎えに来たんでないかい」と靴下履いて起きて来た。
まだ早いと寝かせつけてアッシーして来たら、今度は真っ暗な部屋の窓で「誰か帰って来たみたいで玄関行こうとしたらドア開かなかった」と外を見てみようとしていた。

そんな早起きさんがベッドに戻ったら8時だというのに返事だけで起きて来ない。

朝のシフトが終わったオカンが言うには朝4時過ぎにはベッドに腰掛けていたそうだ。

ディサービスの迎えの車には少し待ってもらうことになったが、今日は椅子に座ったり起き上がったりすると痛いと言ってましたがご飯も食べたし元気でしたと定刻に帰って来た。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝飯前に晩ご飯の心配かい

オカンのアッシーして、居眠りしていた。

母親が起きて来て、「晩ご飯どうするの?」って。

朝ご飯これからだよと言えば、「今は朝かい?」と。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわっ、点滴が遅くなった

点滴の落ちが遅くなった。

「手を握ったり開いたりしたら速くなるかと思って」と母が布団の中で体操している。

忘れて寝返りしそうになった。
ヮオウ、決定的なのをしてくれた。
ピンポン鳴ったと、ガバッと針刺している腕で布団まくった〜!

針先押さえたりなんとか騙しダマシが漏れて腫れ始めた。
。。。。。350mlで撤収!




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子が持って行った

私はバッグをテーブルの脇に置いている。

母が「鞄が無いから、息子が持って行ったんだ」と言う。
そのバッグがいつもの場所になかったからだが、息子って私のことかい。



ただいま点滴の監視中。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディサービス帰りの階段昇りが

ディサービスは本人にすると行かなくていいなら行きたくないというところかも知れない。
玄関先の4段の階段がきつくなって来ている。
降りる時は踏ん張りきれず第一歩がスッと出ないことがあるし、帰りの昇りは膝や股が痛くて足が上がらない。
部屋に戻った時にはつい「ハァ、こんなにこわくて外に行かれない」と出てしまう。

夕飯の後は「こわくて起きられない」と言っていたから朝までぐっすりかと思っていたが、午前2時あたりからまたお客さんが来始めた。
1時間、2時間で足元のアラームが鳴る。

今日は体を動かしても「痛た、イタタ」が聞こえない。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ6時前よ

「誰か起こした」と母が起き出して来る。

出て来る時には痛いとは言わない。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたらいいんだろう

夜だから寝ますと言って寝かせたのだけど、「どうしたらいいんだろう」と起きて来た母。
眠ったのを誰かに起こされたと思って部屋から出て来る。

睡眠薬はどう転ぶか判らないから今は考えられない。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経験から科学へ

がん緩和ケア最前線の番組の中で、患者さんから教わりましたと痛みが病気なんです。痛みは患者にとって症状ではないと気付かされた、と。
確かにこの痛みを無くしてくれと訴えている。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜じゅう、誰か帰って来た、と

今日は徘徊することなく家に居たのに母は私の帰りを感じたらしい。
日付が変わって30分したら、「お父さん帰って来たから玄関開けなくては」と起きて来た。
ここにいるでしょうと寝かせつけて私がうとうとして2時間、「誰か帰って来た」とみんな居ると寝かせ今度は1時間でまた「誰か来た」と。
それから30分アラームが鳴る。
布団のまま、誰も来ていないからと言えば「オシッコ」と。

寝かせてくれ〜。
.
.
.
あぁ、やっとディサービスの迎えが来た。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »