« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

レピー小体型?それともせん妄

母が何やらしゃべっている。
夢見てるんでないの?と聞けば、「いや、そこにいる。男の人がそこから話しかけて来た。女の人もいる。」
となりの部屋でテレビ見て私達が話しているのに反応しているのか?
本人は自信満々だ。

足元のアラームが鳴ってうんうん言いながら立ち上がろうとしている。
「窓がたがたして、誰か来たから玄関の戸を開けなきゃならん」と、背中痛いと唸っているひとが起きなくていいからと言えば「大っきな声で怒られるからもう言わない。」、「来ているのに放って置くから」とふてくされたことを返す。

これは果たしてレピー小体型認知症状なのか、昼寝して日がなうとうとしてのせん妄なのか?




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中痛いと起き出して来た

オカンの出勤時間で生活音を聞きつけたからか母親が「背中が痛い」と起き出して来た。
取り急ぎコルセットを締めて走った。

「親も兄妹もいないのかい?あんた誰さ?」「こんなベルトしていたのかい?」と疑問をひとつひとつ潰して行かないと混乱しています。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりで目が開かなくなった

今日は母の訪問点滴注射 143回目。
それだけ寝ている時間が長いと言うことになるが、ベッドに横になっていて右目のまぶたが指で開けないとひとりで開かなくなって来たと言う。
寝てばかりいると表情筋も弱り表情がなくなって行くと聞いたが、しわくちゃなだけでなくなってる。

さて、寒くなった外から入って来て看護師長がクシャミをしていた。
帰ってからオカンが、マスクもしないでクシャミをするなんてと厳しい目を向けていた。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハァハァ言いながら「早く鍵開けて」と

「誰か帰って来たから、早く鍵開けて」と母がハァハァ言いながら起き出して来た。
昨夜も1時間置きに「誰か帰って来たから、鍵開けに」と起きて来たから徘徊センサーマットの電源を落としてしまったのだ。
ついでにオカンが部屋の豆球も消していたからまったく真っ暗な中を焦って飛び起きて来たようでこちらもびっくり焦ってしまう。

どこに玄関チャイム鳴らさないで窓叩いて来る人がおるんだと言ってみても、オカンが「私達が玄関寄りのところに寝ているんだから私達が対応するのに任せて」と言ったところで納得なんぞしないぞの姿勢ありありの母をベッドへ戻し寝かせつけようとする。
納得しているんだかどうか分からないが「申し訳ない。早く休んで」と言う母に空耳で起こしたのは誰さと悪態をつく。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

髪を切って来ました。

髪を切って来ました。
.
.
やっと髪きりに行って来た。

これで正月が迎えられるよ。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼寝をすれば夜中に眠れないと

昼寝をすれば夜中に眠れないのは、と歌ったのは陽水だけれど日中起きていても何すればいいと言う母は背中の痛みを堪えてベッドへ向かうとついついウトウトして昼寝状態。
明け方、もう少し寝かせてくれという時間になると起き出して来る。

夜中に起きて来るから昼間は起きていてくれと言えば、「起きているかい?そんなの知らない」と来る。

だんだん寒くなって途中で起きて寝かせつけるのが辛くなる。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

142回目の点滴は、480ml

今日は142回目の訪問点滴だった。
看護師長には先週痛がっていたのを見ているから病院へ行ったことや昨日ディサービスへ行ってお風呂入って来たことなどを報告した。
点滴は、あと少しのところでオシッコ中止。

片付けをしていたら今度はケア・マネージャから様子伺いの電話があった。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はディサービスに行って

今日は母に10日ぶりのディサービスに行ってもらった。
朝、本人は痛いと訴えていたがそうそう休んでばかりもいられんとディサービスに。

帰って来て、送ってくれた奥さんの話だと入浴の時に湿布貼っている辺りを洗っても痛いと言いませんでした、と。

頑張っちゃうからなぁ〜。
このギャップが元気の基だから、頑張り過ぎない程度に緊張していてください。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜中ですよ。寝る時間なんですよ!

となりで夜タカしている方が問題かもしれないけれど、こんな時間に起きないとなんないと着るもの探してタンスの抽出をガサガサほじくり返さないでおくんなさいな母上さま。
「あぁ、そうかい」と言った5分後にはアラームが鳴っている。
今度は何さ?
「腰痛くて見に行けないけど、外に誰か来ているみたいだ」と。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいと外の空気を

ちょいと辛抱できなくて外の空気を吸いに行って来た。

出掛けにガバッと「お客さんだ」と言っていたから、今度は名前聞いて置いてと言っといたけど。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2時間かかって2週間分が

途中背中が痛いとベッドに横になっている時間が長かった母のこの2週間だったが、食べたものをしっかり溜め込んでいた。
あんまり腹に溜めるのは良いことないだろうと酸化マグネシウムを自分自身の薬を飲み忘れても食事の度に用意したが、なにせ水分が足りなかったようだ。
ちょっと無理やり飲ませたようなスポーツ飲料水が効いたらしく2週間ぶりに便意を感じた。
はじめはすぐにでも終わりそうだったが、延々2時間腰掛けて気張っていた。

終わったら疲れて果てたかベッドへ戻ってしまった。
雨降りで薄暗いせいもあるがひるだか夜だか分からないようなことを言う。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院へ行ってみたが

イタタ、イタタの母親を病院へ連れて行った。

よろけてぶつけただけでも時間の経過でイタタの訴えは少し減ったかなという程度。

朝、ケア・マネージャーに連絡して出掛けたけれど受付して4、50分たってレントゲン撮って来てくださいとなったレントゲンが上がってすぐに先生が見てくれたけれども、「レントゲンでは確認できないがヒビ入っているような痛がり具合だけれど安静にしているしか無いです」と。
精算終わらせて2時間だったが、予想通りくたびれ果てて帰宅。

今日の収穫は湿布を大量に出してもらったことでした。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はんかくせ〜いのは

今朝は昨日よりはずいぶんと楽そうにしていたが、朝のお勤めや朝ご飯としているうちに今日も休みますと電話をしてしまった。
椅子に座ってはいるが、なんとなくあやうい感じがした。

普段なら帰って来るこの時間になってわかった。
私がはんかくせ〜い状態だった。半覚醒で眠い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まるで砂漠にしみる慈雨のよう

今日は、母の 141回目の訪問点滴だった。

背中を痛がって一日1.5食位になって水分摂取も足りなかったから看護師長が来た時には口元乾いてカピカピ、人相も変わって見えると言われた。

いつも通り眠ってしまって注射を忘れたりしながらも500ml無事に入った。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛いなら起きなきゃいいのに

昨日は母親のディサービスの日だったが背中痛がるので休んだ。

その夜半から1時間置きに「イタタ、イタタ」と言いながら「お父さん帰って来たから表の鍵開けないと」「窓の外に誰か来たから鍵開けないと」と起き上がりベッド下に移動した徘徊センサーマットを鳴らした。
その都度、夜中に誰も来ていないよとベッドに戻した。
誰か来ても私達が対応するから寝ていてとオカンが言うが「申し訳ない」と返事だけ。
目をつぶったまま「そこに誰か寝てるしょ」と言うのは、病気なんだと思おうと思ってもつい大きな声を出している。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち身だけでこんなに痛がる?

母が転んで2日目の朝だ。
腫れも赤みもわからないがからだを動かすのに痛がる。
オシッコに起き上がるのにある角度になると痛みで固まる。
終わってベッドに戻るのも大変だ。

病院行っても湿布して固定する位だろう。
コルセットでしめてみたらその時だけは気持いいと言うけど少ししたら苦しいと外していた。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親もいないし帰るところ無い

オカンのアッシーして戻ったら母が部屋から出て来そうな気配がする。
仏さんのお供えがまだだ。部屋の戸を開けるのはまだにしよう。
と、ドタンと音がした。
戸を開けたら母が転んでいた。
どこぶつけたと聞いても痛たたで上になってる腰をさする。
あまりしたくないが脇を抱えてて一挙にベッドに立たせた。
横になった母が「親もいないし、帰るところ無い」と。

嫁に来て70年以上経っているのに実家に帰る話しをする。今、自分は迷惑かける存在でしかないとの思いを口にすることもある。
どう居場所を見つけるのだろう。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月来る前に

髪が伸びている。
そろそろ切りたいなぁと思っている。

昨日は母がディサービスに出掛けたが、ディで正月が来る前に髪切りたいと言ってましたよ、と送ってもらった。
家では、「今日は何日、もう11月になったの?」なんて言っているのに外に行くとしっかりしています。

夕食の後片付けしていたら「あんたに洗わせてばかりいるから」とベッドから起き出して来た。
二度洗いするのを辛抱するだけの気持に余裕がありません。

せめて、もう少し優しく断れればいいのに。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100近くになってボケて来た

母がボアの丹前型毛布を振り回している。
切りたいのにハサミがないと切れない、と。
ずれないようにベッドにはさみこんであったのをどうやって剥がして起き出したのか、綿入れちゃんちゃんこと取り違えて長いから切ろうと思ったのやら長い毛布と格闘しているうちに本人もわけが分からなくなってしまったようだ。
寝るんだから横になってと言っても「100近くになってボケて来た」と言ってベッドに横になるのも興奮状態。

母は何か変なことをしていると気がついてはいるようではある。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出掛けるならなんか食べないと

今日は母のディサービスの日。

仏さんのお参りをして朝ごはんを食べて歯磨きしてて着替えも終らせて、さあ余裕もって迎えの車を待てるなと思ったら、「出掛けるんなら何か食べとかないとお腹空くね」と。

あや、さっき食べたべさ。

今日は、お風呂入って来ますように。。。。。。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »