« 夢で起きるんでないと言われた | トップページ | 声は聞こえるけど、 »

我慢強ければいいってもんでも

昨日、母は夕食の後よろめいて転倒した。
私が食事の後片付けをしていたので入れ歯の始末をせずにベッドへ向かったので入れ歯を洗うからと声をかけた。
この方向転換でよろめいてしまった。
どこか痛めていないか確認したいが触られるのを這ってベッドへ移動する。
サイドガードに手をかけてベッドに上ろうとするが、足首が返って踏みしめられない。
この姿勢では手の貸しょうがない。痛タ、イタタと言うところをベッドに引き上げる。
それでも転んだところが痛いとは言わない。それとも痛みの場所が特定できないのか。

一夜明けて痛くないか聞けば、「転んだからね」と覚えているようだ。

↓プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

|

« 夢で起きるんでないと言われた | トップページ | 声は聞こえるけど、 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/30398536

この記事へのトラックバック一覧です: 我慢強ければいいってもんでも:

« 夢で起きるんでないと言われた | トップページ | 声は聞こえるけど、 »