« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

決断は速い方がいい

朝刊さくらいのスポーツプラスワンで岩本賢一さんがヒメネスの退団の話しをしていた。
昨夜千葉の野球場に家族と顔を出してチームメイトと握手をして行った。
戦力外通告を受けてなかなか顔出ししにくいだろうによく来てくれた、と。
日本でプレイしたがっているから、球団側も早くリトライできるようにとの配慮もあったようだ。
今のファイターズでは中田を上げる枠もない位の競争状態だからしょうがないか。
 
石の上にも3年、とも言うが、速い決断が双方にとって次の手を打つ余裕になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何んと言えばいいだろう

今日は母のディサービスの日。
戻って一眠りして出て来たら、
「お母さんは8時半にならないと帰って来ないんだね」
 ―  そうだよ。
「お父さんはいつ帰って来るの?」
 ―  え、ここにいるでしょう。
「あんたは、息子でないの?」

「晩ご飯はどうするの?寝ていてもそれが心配で、、、、、、」




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨漏りの音で起こされた

雨漏りの音で起こされた

なんとも強い雨漏りの音で起こされた。
その前に母の「誰か来てピンポン鳴らした」と夢見騒動があってついでのシッコがあったから多少覚醒気味ではあった。
それにしてもすごい。

母のベッドサイドのポータブルトイレの用足しに引っ掛けませんように。

そのすごさは、まるで天の水門を閉め忘れたかのようだ。
どこかの河川事務所の事を言っている訳ではありません。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアマネージャーの訪問

ケアマネージャーが来月のケアプランを持って来た。
母はベッドの中だったが来客を迎えるべく起き出して来た。
歩く姿、話すこと、まるで別人だ。




にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点滴中のシッコも出来たし、

今日は母の 128回目の点滴の日。
開始20分でシッコと言うのでアヤァと思ったがそこは「思っただけ」と。
小一時間経とうかと言うところでガバッと起き上がろうとする。
「誰かに起こされた」と、こんな時の身のこなしは素早い。あわや針が抜けるというところだった。

後100mLというところでおシッコが我慢できないと針を刺したままでベッド脇のポータブルトイレで無事完了。
久しぶりの1本まるごとの点滴だった。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご飯食べたくないから

母は食がいいと言うか、「何食べても美味しくて」と食べていると思うが、今日は昼から「ご飯食べたくないから」と用意したテーブルの上の野菜ジュースを少し飲んだだけで「こわい、こわい」とベッドに戻ってしまった。
食べたくなったら食べればいいかとそのままにしたら、時間をズラしておにぎり一個を食べた。
今度は晩ご飯が進まなくなってしまった。

それでも食事を終わらせ、入れ歯を外してベッドへ行った。

洗い物も終わるかというところで起き出して来た。
時に食べた物が胃まで下がらず吐き戻すことがある。
吐くのかいと聞いたら、「ご飯茶碗洗うの忘れてたのを思い出したから」と言う。

役割をしたいと言うのだけれど、つい「一人で立っていられない位なのに」となってしまう。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バリアアリーな環境

テレビ番組の「バリア“アリー”な介護施設」をオカンが見ていた。
ネットで検索したら15日放送とあるから地方では放送日が違うようだが文字だけでは分からないところがある。

夢のみずうみ村代表藤原茂さんの「手すりは普通ここまであるのがバリアフリー。うちはバリアアリーだから、わざと切った。前につんのめるような怖さを感じる。これを経験しておくと、社会に出て、少々のバリアーでも困らない」との理念だが、転ぶと思っていないでよろけてしまう人はいないのだろうか。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨被害

雨での痛ましい被害の模様が報道されている。
亡くなられた被害者の方にはお悔やむ申し上げます。

午前3時雨音に特製バケツを点検しに母の寝室に、シヤリシヤリと勘高い音がする。
雨漏りが始まっている。
夕べのうちに配置だけはしてあったが、落ちて来た。
我が家の雨被害はこんな程度だが、バッチ子のところでは畑仕事も進まずストレスの溜ることだろう。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の最高気温は24.9 ℃、明日は

今日の最高気温は24.9℃だったと夕方のニュースで言っていた。
ぼんちまつりは雨が降って寒かったから昼には暑くなったと感じてしまった。
朝は母親のディサービスには寒くないようにと支度をさせてしまった。
母が帰って来て聞いてみたが別に暑くなかったと言う。

明日の予報は27℃と言っていたが、果たしてどう感じるのだろう。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの暑さはどこに行ってしまった

今日は 127回目の点滴。
脱水症からちょうど1年が過ぎた。

1年前は脱水起こす位だから夏らしい日が続いていたように思うが、このところ涼しいを通り越して寒い位だ。

朝刊さくらいで桜井さんが「あの暑さはどこに行ってしまった?」と言っていたがホント。

朝だけストーブつけているところもあると看護師長が言っていたが、「まだ7月だからねぇ」に1票!と言いたくなる。

寒いと血管が出なくてと師長が言っていたがしっかり血管を探して入れたはずが落ちが遅くなったり戻ったりと安定しない。
1時間でやっと200mL行くかと思ったら、「おしっこしたい」と。
輸液袋を片手に「腕に力を入れないで」と支え起こしてベッド脇のポータブルトイレで放水完了。
ベッドに横になって継続を確認して、やれやれ。

寒いとシッコが近くて大変だわよ!


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私、何すればいいの?

朝オカンの出勤の時にはベッドの中にいた母が、アッシーして戻ってもう一眠りと思っていたら出て来たと思ったら「私、何すればいいのさ」と聞いた。

まるで毎日が日曜日状態でベッドから出て来れば「今、何時?」と外が明るかろうが薄暗かろうが聞いて来る。

「ただ命あるだけで生きている状態」と言う。

今更、趣味を持ちましょうと言ってみても何だかなぁ〜〜。



↓プチッと、よろしく
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私、何処へ行けばいいの?

お昼ご飯食べた母がそっと私に、「私、何処へ行けばいいの?」と聞いた。

夕方ベッドで眠っているところを起こしたらリビングの椅子に座ってジッと私を見て、「あんた誰?」と聞いた。

時間が経つと思い出して来るのかキョロキョロしなくなるが、「晩ご飯だよ」とテーブルについたはずがゴソゴソしていると思ったら「疲れたから寝ようと思った」とベッドへ行こうとしている。

分からない間隔がせばまって来ている気がするが天気が悪かったり、私の方に余裕がなかったり条件があるかなぁ?



↓プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不安だろうと想像するだけ

朝6時母親が、「晩ご飯の心配もしないで寝ていた」と起き出して来た。
「ここは何処」「あんた誰」「息子かい、どこに住んでいるの」
「全然わからない」「どうしてこんなバカみたいになったんだろう」
と、こんなやりとりを小一時間していた。

18時晩ご飯にするのにベッドで眠っている母親を起こした。
「あんたの名前何さ」「私が産んだのかい」
「誰が帰って来るの」「お母さんは8時半にならないと帰って来ないんだね」と。

目覚めてすぐは脈絡なく混乱しているようだ。

想像するしかないが、こんなに混乱して分からないという思いでは、不安だろうと想像するばかりだ。

プチッと、よろしく


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰が夜中に起こすんじゃア〜!

眠たい!
毎日のことだが母親が23時半頃、「誰かが起こした」と起き出して来た。
その後うとうとして、いつものパターンで起き出して来たかは定かでない。
オカンが椅子を通路に置いていたからその気配があったのだろう。


↓プチッと、よろしく


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベントが二つになると

今日は母親のディサービスの日。
迎えの車が9時半頃に来る。
そして今日は私が10時から研修がある。車で5分だが駐車が無理だろうから歩いて行くことに。

ご飯食べさせて口の中うがいできれいにして、着替えさせて待てばいいなと一応予定していたら、「おしっこする」と。
急がせるとかえって時間がかかる、ここは私が汗をかくしかない。

ああ、6時に起き出して来たのをまだ早いと寝かせ付け私も寝てしまって30分だけのつもりが、余裕をなくしてしまった。

汗をかきつつ研修から帰って来た。

↓プチッと、よろしく


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとしても外へ行きたい

なんとしても外へ行きたい
.
.
.
今日は、朝から雨が降ったり止んだりの天気だ。
雨が止んでいると、庭の草取りに行くと外へ行こうとする。
「パジャマのまま出て行かれない」と言えばタンスの抽出を開けズボンを引っ張り出す。もう夏物もお出掛け用もおかまいなしだ。
ちょっと目を離した隙に玄関まで行って下駄箱を物色している。
鍬があったはずだ、と。一度仕舞ってあったのを見つけたのだ。今は物置に片付けてある。
朝は、「物置見て来なくてならない」と言っていたがそれは忘れたようだ。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪物が街にやってくる

今野敏の初期短篇集だ。
文庫化されて2刷目だった。
今、ハンチョウがオンエア中だから、売れてる作家と言うことだろう。

五木寛之のモスクワ愚連隊の時に感じたジャズに空手が加わっている。
1978年、79年、80年初出。
この頃は問題小説なんか読んでいなかったかなぁ。

母親の 126回目の点滴の枕元でこの文庫本を読んでいる。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きる苦しみ

見ろ
お前の父を見ろ
ボロボロだ
心臓は悪いし白内障で糖尿病
毎日 血液検査をし、注射を打つ生活
薬は毎日10錠だ
<(息子) 面倒なだけだろう
先週、診察を受けた
股関節の手術が必要だが心配ないと
数カ月リハビリすれば歩行器で歩けるだろうと
<(息子) だからって 人生を終らせるのか
何も終らせてない
もう終ってる
これからは毎日ただ悪くなる一方で
道はない
<(息子) 分かった
<(息子) いい人がいる、心理学者で、、
医者は要らん
<(息子) 気が弱っているんだ
<(息子) 時間をかければ回復する
助けは要らん
もう自分の人生に飽き飽きした
衰えていく自分を見ていたくない
息子よ
私の望みだ
死にたい

Gyaoのサード・ウォッチ シーズン1から長い引用します。

想像するだけだが、こんな気持ちなのだろうか?

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨の予報!!

我が家に大雨だ。
   

風で叩きつけるような降り方ではないので大丈夫かと思っていたが、すが漏りの音が聞こえて来た〜。
    

特設バケツがしっかり受けている。

      

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何して日暮すればいいんだろう?

「これから何処へ行くの?」
「明日、何処へ行けばいいの?」
そう聞く母。

仕事もしないで此処にいていいのだろうか、こんなに天気がいいんだから庭の草取りでもすればいいんだけれど、と。

一年前草取りして脱水症になったのは、「知らない」と言う。

もう悠々自適、好きにしていればいいのにと思うのだが、本人は「体を動かして仕事をすることしか知らないから庭の草取り駄目だと言われたら生家に行って農家の手伝いしたいけど親もいないし兄さん達も死んでしまって誰もいない」と。

 

↓プチッと、よろしく


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠たい!

母上には23時過ぎから30分間隔のお客さんだ、誰かに起こされたの波状攻撃的なセンサーマットのアラーム音で起こされた。
オカンは私が居なくなっても気付かないが、姑の動きはアラームが鳴る前に気付いて「まだ夜中だから、寝かせて」と叫んでいる。
ここ2日ほどは「先ほどは迷惑を掛けて申し訳ありません。」と改めて起き出して来るので寝かせ付ける一工程が余分だ。



プチッと、よろしく


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今朝は曇りだが雨だった昨日より明るくて

今朝は曇り空だけれど雨降りだった昨日より明るい朝だ。
多田野のノーヒットノーランを逃した日本プロ野球初完投初完封の新聞記事やスポーツニュースを見たくてガタガタしていた訳ではないが、母が寝室の窓を全開してタンスの抽出を開け物色してポータブルトイレに座っていた。
どうしたのと問えば、「こんな明るい時に起きたことなくて、今何時さ?」と。
まだ5時だ~。仕事行く人と一緒に起きんでもいいべさ。

  

  

PS.それでも、7時過ぎ今日は11日だからと言えば「佳子(61年前に亡くなった娘)の命日だね」と答えた。

  

↓プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多田野、完封

ノーヒットなるか。
多田野、残念!
日本で初めて完封は、連敗を止めてくれた。
よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どれだけ嗅覚が鋭いの?

今日は「燃やすゴミ」収集日。
生ゴミの入ったゴミ袋をもってゴミステーションへ向かう。
気温も上がろうとする今頃残飯の臭いもかすかにする。
ネットを持ち上げ気配を感じて横を見れば、大きなカラスがいつの間にか寄って来てこちらを見ている。
ネットを降ろし離れれば、カラスがトコトコとこちらをうかがいながらステーションに近づく。
素知らぬ感じでゴミステーションの辺りを歩いている。
私も金網からつつかれないように真ん中辺りに置いた。それも収集日以外にルール違反で捨てて行ったらしい潰れた缶ビールの空き箱の上に。
今のところ、私の勝ちだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

125回目の点滴。

今日も暑い。

急に汗が吹き出してきたりするのは、男の更年期だろうか。

それにしてもベッドに横になっては起き出してを繰り返しているような母は掛布団をしっかり掛けてしまう。
私のようにしたたる汗をかくなんて無いだろうけど熱中症で脱水症を起こさないのか心配になる。

今日の点滴は 125回目になるけど、熱中症起こしたのは去年の7月だった。


プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私いつになったら帰れるの?

母がベッドから出て来たと思ったら、「私、いつになったらウチに帰れるの?」と聞いてくる。

月参りに来た坊さんも檀家さんで車の免許無いからその都度タクシー呼んでその辺一回りしてもらっている家があると話していたが、まだ私にはできない。

プチッと、よろしく
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本人にはそれなりに理屈がある?

先ほどのラジオで当地の気温が 29.1℃と言っていた。私はもう暑〜い!ってことだが、母にはなにも暑くないらしく、タオルケットの上に毛布はいつも通りで言わなければ羽毛布団まで掛けてしまう。

ちょっと出掛けて来てゴミ袋を見たら、お尻を拭いたトイレット・ペーパーが捨ててあった。
ベッドの脇のポータブルトイレを見れば、ウ○チが浮かんでその下には何故かビニール袋が。

聞けばウ○チとペーパーがたくさんで詰まったら困るからで、袋はポータブルトイレを汚したくなかったから。
それにしては、催してからゴミ袋の中にあった捨てる袋を見つけて来たと言うことか。
まして、拭いた紙はそのまま分別ゴミ袋ではまるで仕事を増やしてくれているだけだ。

プチッと、よろしく。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心静かに接したいが

「何言っているかわからん。」母親にそう言われる。
私自身が聴力落ちて話しを聞き取れない。
つい大きな声を出ししまう。
大きな声は感情を昂ぶらせる。
結果、いいこと無い。

↓プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声は聞こえるけど、

母にとって私の声かけは、QSA4〜5、QRK2〜1位だろうか。
声は聞こえるけど、何言っているか判らないと言う。
聞こえるから返事をするもんで、了解したものだと思えば、実はな〜んも判かっていなくて会話になっていない。
家族が生活する上ではたぶん一日の半分以上そんなやりとりで暮らしているのだろう。

↓プチッと、よろしく


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我慢強ければいいってもんでも

昨日、母は夕食の後よろめいて転倒した。
私が食事の後片付けをしていたので入れ歯の始末をせずにベッドへ向かったので入れ歯を洗うからと声をかけた。
この方向転換でよろめいてしまった。
どこか痛めていないか確認したいが触られるのを這ってベッドへ移動する。
サイドガードに手をかけてベッドに上ろうとするが、足首が返って踏みしめられない。
この姿勢では手の貸しょうがない。痛タ、イタタと言うところをベッドに引き上げる。
それでも転んだところが痛いとは言わない。それとも痛みの場所が特定できないのか。

一夜明けて痛くないか聞けば、「転んだからね」と覚えているようだ。

↓プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢で起きるんでないと言われた

食事の用意をしていたら何やら母親の動く気配がする。
今日は父親の月命日でお寺さんが来られるから、そこらをち〜と片付けたいなと思っていたことなんだ。
モソモソとベッドから起き出してくる。
どうしたと聞けば、「あんたが起きないでようと、夢の中で言っていたから起きてみたんだ」と。

これって何か変だべさ。

↓プチッと、よろしく
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃんが帰って来ましたよ

バッチ子一家が来た。
BaBaがちょっと買い物に出掛けた。
大BaBaがひ孫の顔を見ているところに帰って来たら、ひ孫に向かって「おばあちゃんが帰って来ましたよ」と話しかけた。

息子の嫁で30年一緒にいるんだよと言っても訳がわからないと言っていたのに、どういう加減でこの関係性を表現するのだろう。

↓プチッと、よろしく。



にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オカンが寝た気がしない、と

今日も母上には午前1時30分、3時30分、5時15分と寝室の窓を叩かれたという来客騒ぎで眠ったかと思ったら起こされてを繰り返した。
オカンが休みだから寝させてというても、こんな迷惑かけてばかりでふにゅふにゅと繰り言を聞かされてもシカトするしか。

朝寝も起きなければと起きれば、今度は「起きたようだけど、ご飯食べさせてもらえるのだろうか」と心配して起きて来た。

PS. スタンバイ出来たら、「そんなこと、言ったかい」、と。

↓プチッと、よろしく

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »