« 仕事させた方が良いのだろうが | トップページ | 悟空のように手の平の上でとは »

毎回、必ずよろけて転ぶ訳でもないのだが

毎度、母ネタですが。

朝は、ベッドに横になっても起き出してテーブルについてもコワイこわいとばかり言っていた。
昼には、多少元気になって来たようで辺りを見る余裕が出たみたいだった。
知らぬ間に仏壇の前に行かれたことがあったので、ふすまにストッパーを仕掛けたが目敏く「あれは何?」と気付かれ、解除されるところだった。
夕方には、椅子に座っていたので焼香台をテーブルに置いて私がお経を上げていたらお線香の煙が漂って来た。振り向けば焼香台を持って後ろに座っている。
朝は終わるまでテーブルのところに座っていた。
よく焼香台をひっくり返しもせず、よろけもせず床にお座りしたものだ。

私がここで何してんのッとキレなかったのは、ちょうどこの時姉が入って来たからだった。

そしてテーブルに立ち膝でワードで宛名ラベルの話しをしていたら、何やら流しの方に行ってガタガタしはじめた。
なんと、食堂椅子を運んで来ようと椅子を引いているのだ。

|

« 仕事させた方が良いのだろうが | トップページ | 悟空のように手の平の上でとは »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51705/26266215

この記事へのトラックバック一覧です: 毎回、必ずよろけて転ぶ訳でもないのだが:

« 仕事させた方が良いのだろうが | トップページ | 悟空のように手の平の上でとは »