« 2007年1月 | トップページ | 2007年12月 »

入院11日目

入院11日目

コルセットをしたことでオシッコの管は外したようで、トイレには看護師が車椅子で連れていくので呼んでくださいと言われた。

午後からお風呂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院10日目

入院10日目

8時朝食介助に行ったら、コルセットを着けたのだから自分で起きなければと悪戦苦闘。今まで自分でしていた人は、ベッドを起こしたりとかちょっとの手助けをしてもらえばいいのに、それができない。

昼食の介助に行ったら、ちょうど車椅子で散歩しましょうと出る所だった。

リハビリ担当のPTさんに、普段歩く時前かがみですか?と訊ねられた。

これまで一人で歩いている時はせわしく歩いているから前へ前への姿に見えるのかと思っていたが、体重掛けているわけでなくて前かがみになっていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院9日目 コルセットができた

入院9日目

コルセットができて来た。

装着状況のチェックに来た先生は、できることしたいことはどんどんやって下さいという方向ですが、主治医からお話がありますから、と帰って行った。

今日のリハビリPTさんは、一週間寝ていたので起き上がってめまいとかしませんか、と血圧を測りながら諸動作をさせていた。

コルセットすれば、すぐにでも今までのように動けると思っていたのに、慣れないコルセットは痛いし、思うようにいかないと少し落ち込んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院8日目

入院8日目

夜中、ガバッと起き上がって拘束ベルトで途中で止まり、『 起きれない 』とナースコールで看護師さんが来たり、隣近所をびっくりさせたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院7日目

入院7日目

23日に採寸したコルセットの仮合わせがあった。

コルセットは随分大きくて、昔のコルセットはもっと小さく薄かった。

ウチにあるはずだ、と言われても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院6日目

入院6日目

同じ姿勢で寝ているのは疲れる。座っていたい。

寝たまま天井を見ている状態なので、隣のベッドの話し声が聞こえているが見えていないので、患者さんなのか、見舞客なのか?と聞いてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院5日目

入院5日目

朝食の介助に病院に来たら、夜中に部屋変わりましたから、と6人部屋に。

二人部屋のお隣さんが退院して、次の患者さんが前日一晩中騒いで同室を寝させなかったという人で、昨夜も同じだったようでウチが部屋を移動した。

ベッドのなかでもリハビリを開始したが、どうやら起き上がらなければ痛くないので日中一人リハビリをしているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院4日目

入院4日目朝

ベッドへの固定ベルトは道路で買ったのに先生が着けたから外さなければならないと思って外そうとしていた。今、それが夢を見たことだったとわかった、と。

看護師に聞くと、昨夜はぐっすり眠っていた。朝の受け答えはクリアでした。波がありますから、とのことである。

二人部屋のお隣さんが2週間目で退院。真っ直ぐ家に帰れるわけではない。以前通っていた施設に空きがあってしばらくそこに入所するという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院3日目

朝、病室に行くと、ベルトでベッドに固定されていた。

看護師の話だと、落とした時計を拾おうとベッドから降りようとした。ベッドの上でえびのように前傾姿勢と言うか丸まっていた。

それでベッドに拘束されてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母、入院2日目

夜、棚の持ち込み時計を見ようとして取り落とし体動コール(うーご君)を鳴らしてしまい看護師が来たが、怒られ治療しないで帰ってしまった、と思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母親が、救急車で入院

 朝7時、オカンのアッシーをして帰って来て二階にいたら階段の下でお袋が叫んでいる。どうやら転んで痛くて辛抱できないらしい。今日は医者に見てもらわなければと自分で言い出した。

 とりあえず自分のベッドへそろりそろりと移動したが、ベッドで横になるのも大変そうで姉へ電話する。姉が来て、出掛けられるようにと多少の身づくろいを頼むがお互い介護も介助もしたことがないので病院に行くにもどこにとなって、血圧で通っている内科に相談の電話をするが、日赤でも救急病院でも、もし頭を打っているようなら脳外科へ行くなり直接連絡してください、と婦長に言われる。

 足は靴下など履いていないから寒がり、布団に横になっても「寒い」と怒る。しまいに震えが来てしまったので救急車を呼ぶことにする。

 8時14分、サイレンを鳴らしながら日赤へ。救急車のチーフは、「日赤に行きたい」という希望に対して、「通っているのか」とちょっと嫌そうな顔をして車内で受け入れ連絡してもらう。

 レントゲンで脊椎11番目の骨折が新しいものかわからないのでMRI検査したいが予約の空きに入れてもらうので、空き待ち。身体の震えは、熱があったのでそのせいでしょうということ。自分で動けないので入院することになり、病棟の準備ができるまで急患のベッド。

 14時45分、MRI検査へ。病室にいたら、ディルームにいてと言われたが、「検査終わった」の話もなく、いつの間にか病室に戻っていた。基本的に完全看護で、入院初検査であろうが通常の検査での移動であろうが、看護師には日常のルーティン事だったんだろう。

 20時15分、朝の先生が通りがかりなのか回診見回りなのかやっと会えて、「MRI検査で新しい傷だったので、コルセットを作ることになります」と説明をうけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バランス感覚

何故か、イラつく。

たかがお店のメンバー・ポイントカードじゃないか。

持って歩いていないのかよ、とキレる。

何でだろう?

みんな、今日は10倍の日だって買い物に来てるじゃない。

そりゃあ 大した金額ではないかもしれないよ

高いガソリン代かけて、何円安いからって目の色変えて

ガソリン代の方が高くなるしょ ってか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年12月 »