« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

すれちがい

あの人は、冷たい人だ と彼女は 自分の母親のことを言う

父親が 第四期の肺ガンであることを知らされ それを本人にどう伝えるか悩むこども達

転移したガン細胞はその存在を全身の湿疹で現していた

かきむしられた皮膚はシーツに落ち にじむ血はシーツは汚す

それをきたないと言った妻を 怒った

本当の病気を知らない父親は 検査ばかりで治療してくれないと言う

検査が終わり 結果を説明しなければならない

耳の遠くなった父親は こども達が医師の話を聞きどうすればいいのか決めてくれと言う

本人の意思を聞いて治療方針を決めますと医師は言う

残る治療法は 抗癌剤投与を受けるか受けないか の決断である

82歳の父親に抗癌剤治療は 苦痛だけを与えるのではないか

こども達は 抗癌剤治療をしない結論を出した

今は食欲もあり 元気な父親に ベッドから離れられない延命策を選択しないよう願った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »