« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

心と体がねじれる

義父が病院に入った

内臓が悲鳴をあげて その表れが 皮膚のかぶれとなり

全身 湿疹だらけになってしまって

大学病院だったから 医者の卵が 病室に見に来る

入院の時に 同意書にサインしたから

ある程度は仕方ない かと思う

でも、パンツ1枚でベッドの上に立たせるのは

人間の尊厳に関わらないかい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »